最新記事

極右

トランプ元側近バノン、 欧州で極右の元締めに?

Exiled by Trump, Steve Bannon Could be About to Rise Again in Europe

2019年5月29日(水)19時00分
クリスティナ・マザ

フランスの極右政党、国民戦線の集会に参加したマリーヌ・ルペン党首とスティーブ・バノン元米首席戦略官(2018年3月)Pascal Rossignol- REUTERS

<トランプ政権の元幹部スティーブ・バノンがパリを拠点に暗躍、欧州議会選挙後のヨーロッパで国境を超えたポピュリスト同盟を創ろうとしている>

2017年にトランプ政権を去って以来、スティーブ・バノン元米首席戦略官は、活動の場をヨーロッパに移している。めざすのは、極右政治家を結集し、国境を超えたポピュリスト同盟を設立することだ。イタリアの反移民・極右政党「連盟」の党首マッテォ・サルビーニ副首相兼内務大臣も、長年の盟友バノンの下に馳せ参じる予定だ。

各国のポピュリスト政治家たちはサルビーニを中心に連携を深めており、バノンは望み通りのものを手に入れるかもしれないという印象もある。

<参考記事>イタリア極右指導者の背後に、「あの男」バノンが

政治学者イヴァン・クラステフは、バノン的なポピュリズムは「今後数十年で、リベラリズムに代わる有力な選択肢になる可能性が高い」と主張する。

主戦場はフランスに

ドイツの極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)は、サルビーニのポピュリスト同盟を支持している。フィンランドの保守派ポピュリスト政党フィン人党も加わった。この党は欧州内のビザなし移動を可能にするシェンゲン協定からの脱退とロシアとのビザなし協定締結を主張している。オランダの極右政党自由党のリーダー、ヘルト・ウィルダースも参加した。

だが、ポピュリストとEU派の本当の戦いの場になると予想されるのはフランスだ。バノンはまさにそこを本拠地にし、パリの高級ホテルで過ごしている。中道のエマニュエル・マクロン仏大統領はバノンの存在に腹を立て、バノンはロシアのオリガルヒ(新興財閥)と組んでEUの弱体化を仕組んでいると非難した。

欧州を一体と考える汎ヨーロッパ主義の新政党「ボルト」は、フランスはヨーロッパの将来にとって重要だと言う。「EU懐疑派やポピュリストはヨーロッパでは無用の存在だ」と、ボルトのダニエラ・ラモス・ヒラルドは言う。「ドイツやフランスがEU懐疑派になってしまったら影響はとても大きい。明け渡すことはできない」

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月