最新記事

極右

トランプ元側近バノン、 欧州で極右の元締めに?

Exiled by Trump, Steve Bannon Could be About to Rise Again in Europe

2019年5月29日(水)19時00分
クリスティナ・マザ

フランスの極右政党、国民戦線の集会に参加したマリーヌ・ルペン党首とスティーブ・バノン元米首席戦略官(2018年3月)Pascal Rossignol- REUTERS

<トランプ政権の元幹部スティーブ・バノンがパリを拠点に暗躍、欧州議会選挙後のヨーロッパで国境を超えたポピュリスト同盟を創ろうとしている>

2017年にトランプ政権を去って以来、スティーブ・バノン元米首席戦略官は、活動の場をヨーロッパに移している。めざすのは、極右政治家を結集し、国境を超えたポピュリスト同盟を設立することだ。イタリアの反移民・極右政党「連盟」の党首マッテォ・サルビーニ副首相兼内務大臣も、長年の盟友バノンの下に馳せ参じる予定だ。

各国のポピュリスト政治家たちはサルビーニを中心に連携を深めており、バノンは望み通りのものを手に入れるかもしれないという印象もある。

<参考記事>イタリア極右指導者の背後に、「あの男」バノンが

政治学者イヴァン・クラステフは、バノン的なポピュリズムは「今後数十年で、リベラリズムに代わる有力な選択肢になる可能性が高い」と主張する。

主戦場はフランスに

ドイツの極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)は、サルビーニのポピュリスト同盟を支持している。フィンランドの保守派ポピュリスト政党フィン人党も加わった。この党は欧州内のビザなし移動を可能にするシェンゲン協定からの脱退とロシアとのビザなし協定締結を主張している。オランダの極右政党自由党のリーダー、ヘルト・ウィルダースも参加した。

だが、ポピュリストとEU派の本当の戦いの場になると予想されるのはフランスだ。バノンはまさにそこを本拠地にし、パリの高級ホテルで過ごしている。中道のエマニュエル・マクロン仏大統領はバノンの存在に腹を立て、バノンはロシアのオリガルヒ(新興財閥)と組んでEUの弱体化を仕組んでいると非難した。

欧州を一体と考える汎ヨーロッパ主義の新政党「ボルト」は、フランスはヨーロッパの将来にとって重要だと言う。「EU懐疑派やポピュリストはヨーロッパでは無用の存在だ」と、ボルトのダニエラ・ラモス・ヒラルドは言う。「ドイツやフランスがEU懐疑派になってしまったら影響はとても大きい。明け渡すことはできない」

ニュース速報

ビジネス

フランス格付け見通しを「安定的に」引き下げ=ムーデ

ワールド

ヘンリー英王子夫妻、「ロイヤル」の名称使わず 王室

ワールド

新型ウイルス、中国内外で感染拡大 WHO「阻止の機

ビジネス

米国株は下落、新型肺炎懸念やさえない米指標受け

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 2

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

  • 5

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に…

  • 6

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月