最新記事

人種差別

メーガン妃の「赤ちゃんの肌の色は?」でCNNが炎上

CNN Ridiculed For Asking 'How Black Will The Royal Baby Be?"

2019年5月8日(水)18時55分
ベンジャミン・フィアナウ

このサブタイトルに対して反射的な批判の声をあげた人々の多くは、ブレイクの記事の、「慎重を期す必要がある理由はこうだ」という書き出しで始まる以下の段落をとくに問題視した。

「ロイヤルベビーへの注目は、すでに人種に関する最も危険な偏見のいくつかを復活させた。そして多くの場合、偏見を助長している専門家はそれがどれほど人々を傷つけているかまったく気づいていない」

ブレイクに批判的なジャーナリストや政治家らは、6日夜から7日にかけて、このサブタイトルをソーシャルメディアに次々と投稿した。

「なんとCNNは『赤ん坊の肌はどのくらい黒い?』と問いかけた。それでよく他の専門家を人種差別的だと批判できるものだ」と投稿したのは、バージニア州上院議員に民主党から立候補している人権に関する著述家クアシム・ラシッドだ。

パームビーチポストの記者レスリー・ストリーターは、「これはまったくの監督不行き届き。どんなバカでも公式ニュースサイトを使ってその代表であるかのように発言できてしまうことから起こることだ」と批判した。

無視された真の論点

「これは本当に起こったことなのか?」 と、投稿したのはワシントンポスト紙のユージーン・スコットだ。

人気テレビドラマ『Empire 成功の代償』の脚本家エリック・ヘイウッドも参戦し、「みんな落ち着いて。ロイヤルベビーが『黒人』か、それが『普通』かはともかく、誰も人種差別主義者にはならないようにしよう。だってそれは、本当にみっともないことだから」と綴った。

ブレイクの記事に対する批判は、彼が主張する重要な論点を頭から無視し、もっと些末な部分に噛みつくものばかりだった。

ブレイクの分析と、彼の言葉の受けとめられ方のギャップを明らかに示しているのは、記事の結びの部分だろう。

最後の段落で、彼は自分の希望をこう綴っている。「想像してほしい。公爵夫妻のようなカップルに子供が生まれたとき、その子の人種が何なのか、色が白いか黒いかなどということには誰もこだわらない未来を」──それが、ブレイクの結論だ。

(翻訳:栗原紀子)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 10

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 9

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月