最新記事

宇宙ゴミ

インドの対衛星ミサイル実験で、大量の宇宙ゴミが発生

2019年4月5日(金)17時00分
松岡由希子

「大量の残骸が発生し、すでに400個以上が確認されている」slavemotion-iStock

<先日、インドが対衛星ミサイルで人工衛星を破壊する実験に成功したと発表したが、これにより大量の宇宙ゴミが発生したとNASAが批判している>

インドのモディ首相は、2019年3月27日、「宇宙空間において対衛星ミサイルで人工衛星を破壊する実験に成功した」と発表した。高度300キロメートルの低軌道(LEO)を周回する人工衛星を標的に、地上から対衛星ミサイルを打ち上げ、これを破壊するというもので、これまでにインドのほか、米国、ロシア、中国が同様の実験に成功している。

「人類の宇宙飛行の未来と相反するもので、容認できない」

インド政府が実験の成果を強調する一方、アメリカ航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官は、4月1日、NASA本部のジェイムズ・E・ウェッブ記念講堂で開催されたNASA従業員との対話集会において「インドの対衛星ミサイル実験によって大量の残骸が発生し、すでに400個以上が確認されている」ことを明らかにした。そして、「このような行為は人類の宇宙飛行の未来と相反するものであり、容認できない。」と批判した。



NASAでは軌道上の残骸のうち10センチ以上の大きさのもの60個を継続的に追跡しており、そのうち24個は国際宇宙ステーション(ISS)上空の遠地点にあることがわかっている。また、NASAと連合宇宙作戦センター(CSpOC)が共同で実施した影響評価によると、これらの残骸が国際宇宙ステーションに影響をもたらすリスクはインドの実験後10日間で44%上昇した。

国際宇宙ステーションは必要に応じて残骸を避けるよう操作できる仕組みとなっており、任務にあたっている宇宙飛行士の安全は確保されているものの、ブライデンスタイン長官は「国際宇宙ステーション上空の遠地点に残骸を送り込むような事態を引き起こすのは非常に恐ろしいことだ」と強い懸念を示している。

インド側は「残骸は6ヶ月以内に消滅する」と主張するが......

インド宇宙研究機関(ISRO)でシニアアドバイザーを務めるタッパン・ミスラ氏は、インド紙「インディアン・タイムズ」において「今回の実験による残骸は6ヶ月以内に消滅するだろう」との見通しを示している。

しかし、低軌道衛星の商用化のほか、創薬や医療分野での研究開発や微小重力を活用した製造業の展開など、宇宙空間において人類が様々な活動に取り組もうとするなか、いわゆる"宇宙ゴミ"がこれらの活動を妨げるおそれもあることから、今回のインドの実験は波紋を呼びそうだ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

骨太方針でデフレリスク払拭へ財政・金融連携を=諮問

ビジネス

ルノー、仏生産拠点整理で労組と協議 全世界で1.5

ビジネス

仏GDP確報値、第1四半期は前期比-5.3% 都市

ビジネス

伊GDP改定値、第1四半期は前期比-5.3% 速報

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 8

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月