最新記事

宇宙ゴミ

インドの対衛星ミサイル実験で、大量の宇宙ゴミが発生

2019年4月5日(金)17時00分
松岡由希子

「大量の残骸が発生し、すでに400個以上が確認されている」slavemotion-iStock

<先日、インドが対衛星ミサイルで人工衛星を破壊する実験に成功したと発表したが、これにより大量の宇宙ゴミが発生したとNASAが批判している>

インドのモディ首相は、2019年3月27日、「宇宙空間において対衛星ミサイルで人工衛星を破壊する実験に成功した」と発表した。高度300キロメートルの低軌道(LEO)を周回する人工衛星を標的に、地上から対衛星ミサイルを打ち上げ、これを破壊するというもので、これまでにインドのほか、米国、ロシア、中国が同様の実験に成功している。

「人類の宇宙飛行の未来と相反するもので、容認できない」

インド政府が実験の成果を強調する一方、アメリカ航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官は、4月1日、NASA本部のジェイムズ・E・ウェッブ記念講堂で開催されたNASA従業員との対話集会において「インドの対衛星ミサイル実験によって大量の残骸が発生し、すでに400個以上が確認されている」ことを明らかにした。そして、「このような行為は人類の宇宙飛行の未来と相反するものであり、容認できない。」と批判した。



NASAでは軌道上の残骸のうち10センチ以上の大きさのもの60個を継続的に追跡しており、そのうち24個は国際宇宙ステーション(ISS)上空の遠地点にあることがわかっている。また、NASAと連合宇宙作戦センター(CSpOC)が共同で実施した影響評価によると、これらの残骸が国際宇宙ステーションに影響をもたらすリスクはインドの実験後10日間で44%上昇した。

国際宇宙ステーションは必要に応じて残骸を避けるよう操作できる仕組みとなっており、任務にあたっている宇宙飛行士の安全は確保されているものの、ブライデンスタイン長官は「国際宇宙ステーション上空の遠地点に残骸を送り込むような事態を引き起こすのは非常に恐ろしいことだ」と強い懸念を示している。

インド側は「残骸は6ヶ月以内に消滅する」と主張するが......

インド宇宙研究機関(ISRO)でシニアアドバイザーを務めるタッパン・ミスラ氏は、インド紙「インディアン・タイムズ」において「今回の実験による残骸は6ヶ月以内に消滅するだろう」との見通しを示している。

しかし、低軌道衛星の商用化のほか、創薬や医療分野での研究開発や微小重力を活用した製造業の展開など、宇宙空間において人類が様々な活動に取り組もうとするなか、いわゆる"宇宙ゴミ"がこれらの活動を妨げるおそれもあることから、今回のインドの実験は波紋を呼びそうだ。

ニュース速報

ビジネス

米経済成長率、20年はIMF予測などを上回る公算=

ワールド

イラン議員、トランプ米大統領殺害に300万ドルの懸

ビジネス

米スタバ、植物由来のメニュー拡大へ 容器再利用化も

ビジネス

日銀、デジタル通貨発行へ各国中銀と共同研究へ 「知

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 3

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にいじめ批判

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 8

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    2600年前の脳がそのままの状態で保存されていた ....…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 7

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月