最新記事

宇宙ゴミ

インドの対衛星ミサイル実験で、大量の宇宙ゴミが発生

2019年4月5日(金)17時00分
松岡由希子

「大量の残骸が発生し、すでに400個以上が確認されている」slavemotion-iStock

<先日、インドが対衛星ミサイルで人工衛星を破壊する実験に成功したと発表したが、これにより大量の宇宙ゴミが発生したとNASAが批判している>

インドのモディ首相は、2019年3月27日、「宇宙空間において対衛星ミサイルで人工衛星を破壊する実験に成功した」と発表した。高度300キロメートルの低軌道(LEO)を周回する人工衛星を標的に、地上から対衛星ミサイルを打ち上げ、これを破壊するというもので、これまでにインドのほか、米国、ロシア、中国が同様の実験に成功している。

「人類の宇宙飛行の未来と相反するもので、容認できない」

インド政府が実験の成果を強調する一方、アメリカ航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官は、4月1日、NASA本部のジェイムズ・E・ウェッブ記念講堂で開催されたNASA従業員との対話集会において「インドの対衛星ミサイル実験によって大量の残骸が発生し、すでに400個以上が確認されている」ことを明らかにした。そして、「このような行為は人類の宇宙飛行の未来と相反するものであり、容認できない。」と批判した。



NASAでは軌道上の残骸のうち10センチ以上の大きさのもの60個を継続的に追跡しており、そのうち24個は国際宇宙ステーション(ISS)上空の遠地点にあることがわかっている。また、NASAと連合宇宙作戦センター(CSpOC)が共同で実施した影響評価によると、これらの残骸が国際宇宙ステーションに影響をもたらすリスクはインドの実験後10日間で44%上昇した。

国際宇宙ステーションは必要に応じて残骸を避けるよう操作できる仕組みとなっており、任務にあたっている宇宙飛行士の安全は確保されているものの、ブライデンスタイン長官は「国際宇宙ステーション上空の遠地点に残骸を送り込むような事態を引き起こすのは非常に恐ろしいことだ」と強い懸念を示している。

インド側は「残骸は6ヶ月以内に消滅する」と主張するが......

インド宇宙研究機関(ISRO)でシニアアドバイザーを務めるタッパン・ミスラ氏は、インド紙「インディアン・タイムズ」において「今回の実験による残骸は6ヶ月以内に消滅するだろう」との見通しを示している。

しかし、低軌道衛星の商用化のほか、創薬や医療分野での研究開発や微小重力を活用した製造業の展開など、宇宙空間において人類が様々な活動に取り組もうとするなか、いわゆる"宇宙ゴミ"がこれらの活動を妨げるおそれもあることから、今回のインドの実験は波紋を呼びそうだ。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激的な中身

  • 3

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 4

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 8

    過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転から…

  • 9

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 10

    香港デモと中国の対立が台湾に飛び火、三つ巴の緊張…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 9

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月