最新記事

温暖化対策

トランプにも負けない民主党の新人オカシオコルテスが世界を救う?

Ocasio-Cortez Warns Trump

2019年4月4日(木)16時28分
ラムジー・タッチベリー

指導部にとっては頭痛のタネ?

下院民主党は3月27日、2017年にトランプが離脱を表明した「パリ協定」への残留を義務付ける法案を提出したが、そこではグリーン・ニューディール決議案には一切触れられなかった。そのため、どうやら指導部はこの決議案をまともに検討する気がないようだ、との見方が強まっている。

下院気候危機対策特別委員会のキャシー・キャストー委員長は、本誌の取材に対しグリーン・ニューディールという言葉を意図的に避けてか、「ニュー・グリーンディール」という名称を持ち出して、以下のように述べた

「特別委員会では、概ねニュー・グリーンディールの精神に基づいた包括的な政策提案をまとめるつもりだ。特にクリーンエネルギーへの転換、気候変動への適応、影響を軽減する措置など、すぐに行動を起こすべき問題を取り上げる。これが最初のステップとなる」

オカシオコルテスは指導部が自分たちのまとめたプランを推進すると確信している。ただし、仮に下院で採択されても、決議案が法的拘束力を持たないことも認めた。

ちなみに4月3日には、大きなハリケーン被害を受けてきた地元フロリダの代表として、共和党のマシュー・ゲイツ下院議員が気候変動と戦う「グリーン・リアル・ディール」を発表。グリーン・ニューディールに対する対抗案だ。トランプ政権下の共和党から提案が出てくるのはいい傾向だ。

4月3日、グリーン・ニューディールへの対抗案「グリーン・リアル・ディール」を発表した共和党のマシュー・ゲイツ下院議員


20190409cover_200b.jpg

※4月9日号(4月2日発売)は「日本人が知らない 品格の英語」特集。グロービッシュも「3語で伝わる」も現場では役に立たない。言語学研究に基づいた本当に通じる英語の学習法とは? ロッシェル・カップ(経営コンサルタント)「日本人がよく使うお粗末な表現」、マーク・ピーターセン(ロングセラー『日本人の英語』著者、明治大学名誉教授)「日本人の英語が上手くならない理由」も収録。

ニュース速報

ワールド

ドイツでパレード観衆に車突入、子供ら30人負傷 殺

ワールド

原油先物4%安、新型ウイルスの世界的な拡大で需要崩

ビジネス

米経済は順調、新型肺炎はリスク=クリーブランド連銀

ワールド

新型ウイルス患者が中国外で急増、感染拡大巡る懸念で

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月