最新記事

遺跡

北米に巨大ピラミッド⁉ 失われた巨大都市の謎に迫る

The Lost City of St. Louis

2019年3月4日(月)11時25分
カシュミラ・ガンダー

巨大ピラミッドと墳丘群から成るセントルイス郊外のカホキア遺跡 MICHAEL S. LEWIS-CORBIS DOCUMENTARY/GETTY IMAGES

<1000年前に繁栄し、世界遺産となっているイリノイ州の都市カホキア。10年間の発掘調査で先住民文明の謎が明らかになった>

1000年ほど前、現在の米イリノイ州コリンズビル(ミズーリ州セントルイス郊外)に文明的な都市があったという。人口は推定1万〜3万。人々は草ぶきの家に暮らし、強い興奮剤を愛用し、女神たちを敬い、木製の天文台で星の動きを観測していたらしい。

その都市の中心には高さ30メートルほどのピラミッドがあったようだ。土で造った建造物としてはアメリカ大陸で最大の規模。その周りに広場があり、多くのモニュメントがあった。

繁栄は250年ほど続いた。しかし1300年頃、なぜかこつぜんと姿を消し、今は「カホキア墳丘群州立史跡」と呼ばれ、ユネスコの世界遺産に登録されている。その実態に迫る書籍『北米最古の先住民都市グレーター・カホキア』が先頃刊行された。

考古学者のトーマス・エマーソンらが編纂したこの本は、この10年間の発掘調査を踏まえたもの。1500もの建築遺構と100万を超える石器や銅器などが見つかっていて、先住民の文化に関する従来の学説を覆すものと期待されている。

発掘調査の結果、当時の住民は狩猟採集を主としつつも農耕を行っていた可能性が高いとされる。トウモロコシの栽培を軸とする農業が都市の形成を支えていたのだろう。また茶わん状の粘土製の容器に付着していた植物の残りかすからは、彼らがヤポンノキ(モチノキ科)から採った覚醒作用のある飲み物を愛用していたことが分かる。

おそらく、この都市をまとめていたのは信仰だ。当初は世界の再生と豊穣を祈る信仰だったのだろうが、やがて象徴としての戦士と太陽神の信仰に変わっていったらしい。 「住民は遠くさまざまな場所から集まってきたようだ。この地が霊的な力によって祝福された場所と見なされたからだろう」と、著者の1人であるイリノイ大学のティモシー・パウケタット教授(人類学)は言う。

埋葬されていた数十人の遺体の歯を調べると、住民の少なくとも5分の1は外部からの移住者と分かった。また埋蔵物の多くはこの土地に存在しない材料で作られていた。つまり遠くからの移住者が贈り物を携えてやって来たということだ。海の貝殻やサメの歯も見つかっている。

都市は突然見捨てられた

「カホキアが存在できたのは、そこに300年にもわたり移住者を引き付ける何かがあったからだ」とエマーソンは考える。そういう求心力があってこそ文明は栄えるのだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=ダウ1カ月ぶり高値、出遅れ銘柄に買い

ビジネス

再送-カナダ経済、雇用拡大と経済成長可能 インフレ

ワールド

国連とイスラエルの緊張悪化、事務総長が偽情報を非難

ワールド

バイデン陣営、トランプ氏「口撃」 中絶問題巡り 最
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中