最新記事

動物

【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

Man in Viral Shark Video Given 10 Days in Jail

2019年3月1日(金)17時15分
ジェニ・フィンク

「これは拷問だ」と、フロリダの海洋研究所の所長は言った IBTimes UK/YOUTUBE

<男は、この犯罪行為を自慢気に拡散して捕まった>

サメを高速ボートで引きずり回し、ソーシャルメディアで動画を見たアメリカ人を激怒させた米フロリダ州のマイケル・ウェンゼル(22)が、10日間服役することになった。さらに11カ月の保護観察処分と、100時間の社会奉仕活動を命じられた。

「(ウェンゼルは)特権階級の息子だ」と、動物保護団体「フロリダ・ボイス・フォー・アニマル」のマリー・ガルブライスはタンパベイ・タイムズに語った。「こんな罰では軽すぎる。自分がやった事の重大さを全然わかっていないのだから」

問題の動画には、高速ボートの船尾から出た釣り糸にからまり海の上を引きずり回され、波間でもがき苦しむサメと、それを見て喜ぶウェンゼルとその友人たちが映っている。得意になったウェンゼルが、自らサメ釣りの名人などに動画を送り付けたため、たちまち悪名が広がった。

フロリダ州にあるモート海洋研究所のサメ研究センターのロバート・ヒューター所長は動画を見て、地元テレビ局WTSPにこう語った。「サメは、波に打ちつけられて息ができない。死まで拷問されたのと同じだ」「彼らに釣りをする権利などない」

動画が公開されると、フロリダ州魚類野生生物保護局が捜査に着手。広報のロブ・クレッパーはウェンゼルらの行為を非難した。生命に対する敬意を欠いた態度に「落胆し、動揺している」と、地元紙ブラデントン・ヘラルドに語った。

ウェンゼルは2017年末、動物に対する2つの加重虐待、第3級の動物虐待およびフロリダ州魚類野生生物保護局の規定に違反した罪などで起訴されている。司法取引で罪が軽くなった。

(翻訳:河原里香)

※3月5日号(2月26日発売)は「徹底解剖 アマゾン・エフェクト」特集。アマゾン・エフェクト(アマゾン効果)とは、アマゾンが引き起こす市場の混乱と変革のこと。今も広がり続けるその脅威を撤退解剖する。ベゾス経営とは何か。次の「犠牲者」はどこか。この怪物企業の規制は現実的なのか。「サバイバー」企業はどんな戦略を取っているのか。最強企業を分析し、最強企業に学ぶ。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月