最新記事

動物

【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

Man in Viral Shark Video Given 10 Days in Jail

2019年3月1日(金)17時15分
ジェニ・フィンク

「これは拷問だ」と、フロリダの海洋研究所の所長は言った IBTimes UK/YOUTUBE

<男は、この犯罪行為を自慢気に拡散して捕まった>

サメを高速ボートで引きずり回し、ソーシャルメディアで動画を見たアメリカ人を激怒させた米フロリダ州のマイケル・ウェンゼル(22)が、10日間服役することになった。さらに11カ月の保護観察処分と、100時間の社会奉仕活動を命じられた。

「(ウェンゼルは)特権階級の息子だ」と、動物保護団体「フロリダ・ボイス・フォー・アニマル」のマリー・ガルブライスはタンパベイ・タイムズに語った。「こんな罰では軽すぎる。自分がやった事の重大さを全然わかっていないのだから」

問題の動画には、高速ボートの船尾から出た釣り糸にからまり海の上を引きずり回され、波間でもがき苦しむサメと、それを見て喜ぶウェンゼルとその友人たちが映っている。得意になったウェンゼルが、自らサメ釣りの名人などに動画を送り付けたため、たちまち悪名が広がった。

フロリダ州にあるモート海洋研究所のサメ研究センターのロバート・ヒューター所長は動画を見て、地元テレビ局WTSPにこう語った。「サメは、波に打ちつけられて息ができない。死まで拷問されたのと同じだ」「彼らに釣りをする権利などない」

動画が公開されると、フロリダ州魚類野生生物保護局が捜査に着手。広報のロブ・クレッパーはウェンゼルらの行為を非難した。生命に対する敬意を欠いた態度に「落胆し、動揺している」と、地元紙ブラデントン・ヘラルドに語った。

ウェンゼルは2017年末、動物に対する2つの加重虐待、第3級の動物虐待およびフロリダ州魚類野生生物保護局の規定に違反した罪などで起訴されている。司法取引で罪が軽くなった。

(翻訳:河原里香)

※3月5日号(2月26日発売)は「徹底解剖 アマゾン・エフェクト」特集。アマゾン・エフェクト(アマゾン効果)とは、アマゾンが引き起こす市場の混乱と変革のこと。今も広がり続けるその脅威を撤退解剖する。ベゾス経営とは何か。次の「犠牲者」はどこか。この怪物企業の規制は現実的なのか。「サバイバー」企業はどんな戦略を取っているのか。最強企業を分析し、最強企業に学ぶ。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 5

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 9

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 10

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月