最新記事

動物

銃弾74発浴びたオランウータン容体安定 生息地ダム計画、環境団体が再提訴と中国銀行に交渉呼びかけ

2019年3月21日(木)20時45分
大塚智彦(PanAsiaNews)

鎖骨骨折の手術跡も痛々しいオランウータン「HOPE」。(c) Sumatran Orangutan Conservation Programme (SOCP) via Facebook

<緑豊かなインドネシアの密林で木々を自由に移動していたオランウータン。だが、彼らが安全に暮らせる場所は狭まりつつある>

インドネシアのスマトラ島アチェ州のプランテーションで保護された体に74発の空気銃の銃弾を受けたオランウータンはその後、専門の医師らによる治療を受けて容体は安定していることがわかった。

一方で別のオランウータンの種が生息する北スマトラ州で進むダム建設計画に関しては、インドネシアの環境団体が計画の中止を求めて上級裁判所に再び提訴するとともに資金援助している中国の銀行に交渉を呼びかける事態となっている。

インドネシアの雑誌「テンポ」(電子版)などによると、空気銃の弾丸や鋭い刃物による傷を負って保護されたメスのスマトラ・オランウータンは「スマトラ・オランウータン保護計画(SOCP)」の獣医らからなる専門チームによって集中治療と手術を受けた。最も深刻な外傷だった肩の鎖骨骨折の手術は約3時間にわたり、体内に残された74発の銃弾は感染症予防のためうちわずか7発しか摘出することができなかったという。

「ホープ(希望)」と命名

SOCPのヤニー・サラスワティ獣医はAP通信に対し「鎖骨の手術に加えて脚や腕の外傷の治療を優先した。症状は安定しているものの、感染症予防とリハビリのためにさらに集中的な治療と検査が必要だ」としたうえで「銃弾で両目も失明状態であり、野生に戻れる可能性は低い」との見方を改めて明らかにした。

このメスのオランウータンは保護団体のスタッフらによって「ホープ(希望)」と名付けられたという。

医療チームでは時間をかけてホープの体内に残る銃弾の除去を進め、その後リハビリに必要な治療、体力の回復を図りたいとしているが、ヤニー医師ら医療スタッフによると「身体的だけでなく精神的なダメージもケアする必要がある」とホープのメンタルケアにも配慮する方針を示している。

3時間にわたる手術が行われたオランウータン「HOPE」

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 3

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 9

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月