最新記事

韓国ファクトチェック

自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の数字から知る

2019年3月7日(木)15時50分
ニューズウィーク日本版編集部

<隣の国なのに、意外と知らないことだらけ⁉ 身近な数字から探る等身大の韓国>

※3月12日号(3月5日発売)は「韓国ファクトチェック」特集。文政権は反日で支持率を上げている/韓国は日本経済に依存している/韓国軍は弱い/リベラル政権が終われば反日も終わる/韓国人は日本が嫌い......。日韓関係悪化に伴い議論が噴出しているが、日本人の韓国認識は実は間違いだらけ。事態の打開には、データに基づいた「ファクトチェック」がまずは必要だ――。木村 幹・神戸大学大学院国際協力研究科教授が寄稿。

◇ ◇ ◇

1.【2万8000人】在韓米軍兵力

朝鮮戦争の休戦以降、韓国に駐留する米軍の最も大きな役割は、約61万8000人の韓国軍と共に朝鮮半島での大規模な武力紛争を抑止すること。しかし在外米軍の駐留費負担増を各国に求めるトランプ米大統領は、在韓米軍についても規模の縮小までちらつかせつつ韓国側の負担引き上げを要求。今年2月には韓国側負担の約8%増で合意が成立した。韓国での動向は、約5万5000人の在日米軍を抱える日本にとっても対岸の火事では済まない。

2.【50キロ】首都ソウルから北朝鮮までの距離

韓国の総人口5163万人の50%以上がソウルとその周辺都市に居住。人口が集中する首都圏だが、ソウルは北緯37度34分に位置し、北朝鮮との軍事境界線から目と鼻の先だ。昨年南北首脳会談が開かれた板門店は、軍事境界線上にあり観光地ともなっているが、ソウル中心部の青瓦台(大統領府)から直線距離で約50キロしか離れていない。有事になれば数時間で首都に戦火が迫るとも言われる。

3.【323万円】大卒初任給(年額)

韓国の就職情報サイト「インクルート」が発表した今年の大卒初任給の予想平均額(年額)は、大企業3576万ウォン(約358万円)、中堅企業3377万ウォン(約337万円)、中小企業2747万ウォン(約275万円)で、平均3233万ウォン(323万円)だった。一概に比較はできないが、日本とあまり変わらない。ちなみに別の就職情報サイト「サラムイン」によると、最も就職したい企業に選ばれたのはサムスン電子。次いで、カカオトークで有名な大手テック企業カカオが人気。

4.【9人】悲惨な晩年を迎えた大統領

文在寅(ムン・ジェイン)以前の大統領計11人のうち、在任中もしくは退任後に「何もなかった」のは金泳三(キム・ヨンサム)、金大中(キム・デジュン)の2人だけ。初代の李承暁(イ・スンマン)はアメリカに亡命。その後もクーデターで失脚したり、暗殺されたり、収賄などの罪で逮捕されたりと散々な目に遭っている。金泳三と金大中にしても、就任前には暴漢に襲われたり、日本滞在中に拉致されたりした。韓国で大統領を務めるのは大変だ。

5.【25.8人】10万人当たりの自殺者数

OECD加盟国35カ国の中で最も自殺率が高く、10万人当たり25.8人(2018年)。日本も自殺者が多いとされるが、日本の16.6人を圧倒している。その背景には「ヘル朝鮮」がある。厳し過ぎる受験戦争、高い若年失業率など韓国社会の生きづらさを自虐的に形容する、Hell(地獄)と朝鮮を合わせた造語で、2015年頃から若者たちの間で使われるようになった。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月