最新記事

環境汚染,特集プラスチック危機

プラスチック汚染の元凶「人魚の涙」を知っていますか?

Nurdles and Mermaid Tears—The Major Source of Plastic Pollution You've Never Heard Of

2019年2月19日(火)14時27分
クレア・グウィネット(英スタッフォードシャー大学准教授)

海を漂ううちに壊れて小さくなった「人魚の涙」 Lush/YouTube

<色とりどりに煌めくビーズのような「ナードル」には有毒物質がくっつきやすいが、海洋生物は魚の卵と間違って食べてしまう>

「ナードル」をご存知だろうか? 響きはかわいいかもしれないが、海洋環境に大きなダメージをもたらす物質だ。別名は「人魚の涙」。小さくてキラキラとした粒々で、その多くが製品に姿を変えることなく海に漂い、表面に有害物質を吸着させて海洋生物の餌になる。

ナードルは、使い捨てのペットボトルからテレビに至るまで、大部分のプラスチック製品に欠かせない原料だ。これらの粒は普通で1~5ミリ、なかにはナノメートル単位で目に見えないものもある。その発生源は2つ。1つは、プラスチック製品の原料として人工的に小さく作られた「一次マイクロプラスチック」、もう1つは、捨てられたプラスチック製品が、海に漂ううちに壊れて細かくなり、砂浜などに打ち寄せられた「二次マイクロプラスチック」だ。

サイズが小さいため原材料として輸送しやすく、工場に着けば溶かされて型に流し込まれ、さまざまな製品になる。だが、残念なことに輸送や加工の際の管理が行き届かずにあちこちでこぼれたナードルは、排管から河川や海に流れ出てしまう。

海洋生物に及ぼす害を考えると、「人魚の涙」はナードルにふさわしいあだ名だ。小さくて丸くて色とりどりのナードルは魚の卵と間違えやすく、海洋生物にとって魅力的な食べ物に見えるのだ。だがこの「食べ物」には毒がある。

海からナードルを回収する研究者たち。化粧品や歯磨き粉にもナードルは含まれている、と警告する自然派化粧品LUSH FRESHの動画


市民参加を要するナードル狩り

ナードルはサイズに対して表面積が大きく高分子組成のため、海水中の残留性有機汚染物質(POP)が表面に付着しやすい。これらの有害物質はその後、それを食べた生物の組織に付着し、残留する。ナードルと一緒に何年も居座りつづけることもある。

人間に有害な微生物がナードルに住みつく可能性もある。スコットランドのイースト・ロージアンにある複数の海水浴場で行われた調査では、調査対象となった5カ所の海水浴場すべてに、食中毒の原因となる大腸菌で覆われたナードルがあった。ナードルは有害で、ビーチの清掃を行う人や科学的調査を行う人も、素手で触らないよう言われているほど。それを考えると、夏にビーチで日光浴をするというのが魅力的には思えなくなってくる。

では海や海岸にはどれぐらいのナードルがあるのだろうか。イギリスではプラスチック業界によって自然界に放出されるナードルが、年間530億個にものぼると推定されている。プラスチックボトル8800万本がつくれる量だ。それなのにナードルは、プラスチック汚染に関する議論の中で取り上げられることが少ない。

だが幸運なことに、ナードルとナードルが海洋汚染に及ぼす影響についての啓発活動を行う組織は複数ある。フィドラ(スコットランドを拠点に環境問題に取り組む慈善団体)と英海洋保護協会が立ち上げたプログラム「ザ・グレート・グローバル・ナードル・ハント」は、人々に「市民科学者」になって世界各地にどれだけのナードルがあるかデータ収集を行うよう呼びかけている。

「ナードル・ハント」のフェイスブック投稿


データ収集は流出ナードルの主たる発生源を特定するのに役立ち、問題に対処することも可能になる。自然環境に存在するナードルはあまりに多く、その情報を収集するには大勢の人手が必要だ。「ナードル・ハント」の活動は毎年2月に10日間にわたって展開される。

市民科学者たちが見つけたナードル汚染の場所と規模は、サイトの地図上に表示される。2012年以降、市民科学者たちが調査を行ったビーチは6大陸18カ国の計1610カ所にのぼり、活動には60を超える組織も携わっている。

内陸の土壌も汚染する

スタッフォードシャー大学マイクロプラスチック・法医学用化学繊維研究グループでは2019年にこの活動に参加して、リバプールのハイタウン・ビーチにどれだけのナードルがあるかを調査した。その結果、1平方メートルあたり平均139.8個のナードルがあると推定された。およそ約1キロに及ぶ満潮時の海岸線に、約14万個のナードルが存在する計算になる。

市民科学者になって地元のビーチでナードルのデータ収集を行いたいという人に役立つヒントを幾つかご紹介しよう。オンラインのナードル識別ガイドを確認し、ポリスチレン粒やBB弾、化石などをナードルと間違えないようにしておくといい。

事故でこぼしてしまったナードルを近隣住民が草をかき分けて除去しようとするが


ビーチで調査をする際は、海草やその他の海洋堆積物をチェックしよう――これらは大きな「ナードル捕獲網」のような役割を果たしている。データを収集し終わったら、その結果を専門機関に提出して、汚染対策に役立てられるようにしよう。

ナードルは海だけでなく、川や湖、水から離れた内陸も含めて多くの環境で発見されている。私が働くスタッフォードシャー大学のキャンパスの土壌からも発見された。だからナードルを探しに行こう――ただし手袋をお忘れなく。

(翻訳:森美歩)

Claire Gwinnett, Associate Professor in Forensic and Crime Science, Staffordshire University

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

20240227issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年2月27日号(2月20日発売)は「開戦2年 ウクライナが敗れる日」特集。アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学を読み解く

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 6

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中