最新記事

人権問題

バンコクで不明のベトナム人権活動家、タイ当局捜査開始 人権問題めぐり国際社会の批判を危惧?

2019年2月12日(火)17時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ベトナム当局に拉致されたとみられるトゥルオン・ドゥイ・ナット氏 フェイスブックより

<ベトナム当局による拉致の疑いが高まっている人権活動家に対して、渡航先のタイでは、捜査当局が捜査を始めたが──>

タイ・バンコク郊外のショッピングセンターで1月26日に突然行方が分からなくなり、その後の消息が途絶えているベトナム人の人権活動家でブロガーの男性について、タイ警察当局、入国管理当局が捜査に乗り出すことになった。

当初静観していたタイ当局は、国内外の人権団体や国際社会からの要請を受けて方針を転換した。その背景には1月以来タイで続く、中東からの難民申請者への一連の対応が厳しい批判を受けたこともあるとされており、米政府も今回の捜査開始を歓迎する姿勢を明らかにしている。

行方不明となっているのはベトナム人のトゥルオン・ドゥイ・ナット氏(55)で、ベトナム国内で人権問題などをブログで発信、治安当局による逮捕を逃れるためにタイ入りしてバンコクの国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)で難民申請の手続きを始めていたとされる。

ところが手続き開始直後の1月26日にバンコク北にある大規模商業施設「フューチャー・バーク・モール」内のアイスクリーム店付近で突然行方が分からなくなったという。

人権団体やナット氏が定期的に寄稿していた「ラジオ・フリー・アジア」関係者などによると、ナット氏はベトナム治安組織関係者によって「拉致」された可能性が極めて高いという。

ロイターやタイ地元紙が伝えたところによると、国際的な人権団体「アムネスティ・インターナショナル」やタイのベトナム人支援組織などは「ナット氏はすでにベトナム国内に連行されて、拷問などの不当な扱いを当局に受けていることが考えられる」と指摘。

また別のベトナム人国外活動家は「ナット氏は生存していると思われるが、極めて危険な状況にあるといえる」としており、ナット氏がすでにベトナム治安当局によって、拉致された後ベトナムに連行され、現在は憂慮すべき状態にあるとの認識を示した。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月