最新記事

映画

『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放送禁止だった韓国で大ヒットの理由は?

2019年1月29日(火)08時15分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

アニメやSF映画以外の洋画としては過去最高のヒットとなった『ボヘミアン・ラプソディ』 (c) YTN NEWS / YouTube

<日本では興業収入100億円を突破したが、韓国ではアニメやSF映画を除く外国映画初の観客動員1000万人突破を目指している>

2018年のヒット映画の1つといえば、11月9日に日本公開され現在も上映中の『ボヘミアン・ラプソディ』だろう。日本での興行収入が100億円を突破し、この記録は現在アメリカに続く世界第2位。また、国内での2018年公開作品の興行収入第1位という記録となった。IMAX上映もされたが、IMAX作品における日本歴代興行収入ランキングでも歴代1位となった。このように日本では絶好調な本作であるが、お隣りの韓国ではどうだろう?

韓国では日本より1週早く2018年10月31日に公開された。日本とは違い、12歳以上観覧可能(12歳以下は保護者同伴の場合のみ観覧可)のセンサーシップ付きだったが、公開後すぐに人気に火が付いた。儒教的倫理観が今も残っている韓国では、同性愛コードのある作品は、それそのものがテーマでなくてもなかなか大ヒットに繋がりにくいが、本作は順調に客足を伸ばし続けた。

韓国での興行は日本とは少し違い「興行収入」よりも「観客動員数」が注目される。今回、『ボヘミアン・ラプソディ』は2019年1月28日時点で、累計991万4604名を動員した(韓国映画振興委員会発表)。韓国映画界における大ヒットの基準でもある「1000万動員」までもうひと息と大健闘している。

15年間封印されていた「ボヘミアン・ラプソディ」

日本同様の盛り上がりを見せる韓国だが、実はクイーンの曲は韓国で放送禁止になっている曲が多い。映画の題名となった代表曲『ボヘミアン・ラプソディ』も、1989年まで約15年間放送禁止指定曲だった。"Mama, just killed a man......"という、殺人をしたという意味の歌詞が引っかかったのだという。その他にも、世界的に有名な「Don't stop me now」や「Bicycle race」も韓国では放送禁止曲だった。過激な歌詞などが韓国では悪影響と判断されたようだ。韓国の放送禁止曲の第1号は、1951年3月1日付けで執行された歌手ナム・インスの「기로의 황혼(岐路の黃昏)」だったという。昔は政府への批判やクーデターを思わせる歌詞など政治的な理由を中心に禁止されていたが、その後、性的な表現ととれる歌詞や過激な内容の曲が登場し、このような曲なども禁止対象となっていった。


観客動員900万人突破したことを伝える現地メディア YTN NEWS / YouTube

ニュース速報

ワールド

聖火リレー、規模縮小も一つの考え方=武藤・五輪組織

ビジネス

旅行・レストラン・ホテルなど主要産業への資金支援強

ビジネス

トヨタ、不要不急の国内外出張中止 国内工場3月9日

ビジネス

資産10億ドル以上の富豪、中国で米の3倍ぺースで増

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 5

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 8

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 9

    韓国で集団感染を起こした新興宗教団体は、今最も警…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 3

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月