最新記事

映画

『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放送禁止だった韓国で大ヒットの理由は?

2019年1月29日(火)08時15分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

アニメやSF映画以外の洋画としては過去最高のヒットとなった『ボヘミアン・ラプソディ』 (c) YTN NEWS / YouTube

<日本では興業収入100億円を突破したが、韓国ではアニメやSF映画を除く外国映画初の観客動員1000万人突破を目指している>

2018年のヒット映画の1つといえば、11月9日に日本公開され現在も上映中の『ボヘミアン・ラプソディ』だろう。日本での興行収入が100億円を突破し、この記録は現在アメリカに続く世界第2位。また、国内での2018年公開作品の興行収入第1位という記録となった。IMAX上映もされたが、IMAX作品における日本歴代興行収入ランキングでも歴代1位となった。このように日本では絶好調な本作であるが、お隣りの韓国ではどうだろう?

韓国では日本より1週早く2018年10月31日に公開された。日本とは違い、12歳以上観覧可能(12歳以下は保護者同伴の場合のみ観覧可)のセンサーシップ付きだったが、公開後すぐに人気に火が付いた。儒教的倫理観が今も残っている韓国では、同性愛コードのある作品は、それそのものがテーマでなくてもなかなか大ヒットに繋がりにくいが、本作は順調に客足を伸ばし続けた。

韓国での興行は日本とは少し違い「興行収入」よりも「観客動員数」が注目される。今回、『ボヘミアン・ラプソディ』は2019年1月28日時点で、累計991万4604名を動員した(韓国映画振興委員会発表)。韓国映画界における大ヒットの基準でもある「1000万動員」までもうひと息と大健闘している。

15年間封印されていた「ボヘミアン・ラプソディ」

日本同様の盛り上がりを見せる韓国だが、実はクイーンの曲は韓国で放送禁止になっている曲が多い。映画の題名となった代表曲『ボヘミアン・ラプソディ』も、1989年まで約15年間放送禁止指定曲だった。"Mama, just killed a man......"という、殺人をしたという意味の歌詞が引っかかったのだという。その他にも、世界的に有名な「Don't stop me now」や「Bicycle race」も韓国では放送禁止曲だった。過激な歌詞などが韓国では悪影響と判断されたようだ。韓国の放送禁止曲の第1号は、1951年3月1日付けで執行された歌手ナム・インスの「기로의 황혼(岐路の黃昏)」だったという。昔は政府への批判やクーデターを思わせる歌詞など政治的な理由を中心に禁止されていたが、その後、性的な表現ととれる歌詞や過激な内容の曲が登場し、このような曲なども禁止対象となっていった。


観客動員900万人突破したことを伝える現地メディア YTN NEWS / YouTube

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月