最新記事

科学界

ハッブル宇宙望遠鏡を使った研究提案の審査・採択の男女格差、完全匿名化で改善

2018年12月26日(水)16時30分
鳥嶋真也

ハッブル宇宙望遠鏡 (C) NASA

「ハッブル宇宙望遠鏡」を運用する宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)は2018年12月14日、ハッブル宇宙望遠鏡を使った研究提案の審査において、提案者を匿名化したところ、性別による採択率の格差がなくなったと明らかにした(発表文)。

この審査において、男女格差が存在することは数年前から認識されており、改善に向けた取り組みが行われてきた。今回の結果をもって問題が解決したとはまだいえないが、改善に向けた希望が見えてきた。

毎年、ハッブルを使った観測や研究の提案を受け付け、審査する

ハッブル宇宙望遠鏡は、米国航空宇宙局(NASA)が1990年に打ち上げた、宇宙に浮かぶ望遠鏡である。高度約550kmの軌道を回っており、地上の望遠鏡とは違い、天候や大気の影響を受けることなく、天体をきわめて高い精度で観測できる。

ハッブルの運用はSTScIが行っており、ハッブルを使った観測計画の策定も同研究所が取り仕切っている。また、開発中のハッブルの後継機「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」の運用、観測もSTScIが担当することになっている。

(参考記事)ハッブル宇宙望遠鏡の夢の後継機、開発が大幅に遅れて、コストも天文学的に

STScIは世界中から、ハッブルを使った観測や研究の提案を受け付けており、毎年その提案を、同研究所の審査会(TAC、Time Allocation Committee)が審査(査読)し、その次の一年間のハッブルの観測計画(研究チームに対する使用時間の割り当て)を決定する。毎年の提案数は数百から1000件ほどだが、そのうち採択されるのは数%から20%ほどと、非常に競争率が激しい。

このSTScIによる提案の審査においては、2014年に、提案する主任研究者(PI、Principal Investigator)の性別による格差が存在することが明らかとなっている

2001年からの審査過程を調査したところ、男性PIによる提案の採択率が、女性PIより高かったのである。ハッブルの提案の審査は、申請者に査読者の身元は明らかにされないものの、査読者は申請者の身元を、性別を含めて知ることができるため、そこで偏りが生まれたと考えられている。

二重盲査読をはじめて採用し、男女格差が改善

そこでSTScIは今年(2018年)、実験的に二重盲査読(提案の申請者も査読者も、お互いに身元を知らされない状態での審査)を行った。STScIによると、物理科学の分野における大規模な提案審査で、二重盲査読が採用されたのは初めてだという。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 8

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月