注目のキーワード

最新記事

日本社会

年代別「悩みのタネ」から見えてくる、日本社会の大きな偏り

2018年12月19日(水)16時15分
舞田敏彦(教育社会学者)

年代別に悩み・ストレスの内訳を見てみると日本社会の抱える問題が浮き彫りに chinaface/iStock.

<日本人の「悩み・ストレス」をグラフ化すると、40代後半以降の女性に育児・介護の負担が偏っていることがわかる>

「人生山あり谷あり」と言うが、人がたどる人生の行程(人生行路)は決して平坦ではない。若年期には、入学試験、就職、結婚、出産といったライフイベントがある。社会が複雑化し多様な人間関係を取り結ぶようになると、それに伴う軋轢も増加する。前近代社会のように、生まれ落ちた身分(地域)に相応した「生きる指針」もない現代社会は、人生の選択の余地が多分に開かれている。社会の発展に伴って、人々の心的葛藤(悩み)が増えるのは道理だ。

2016年の厚生労働省の調査によると、15歳以上の国民の48.9%が何らかの悩み・ストレスを抱えると答えている。どういう悩みかを問うと、最も多いのは「自分の仕事」に関することで、2位は「収入・家計・借金等」、3位は「自分の病気や介護」に関することだ。高齢期になると、3番目の項目の比重が増してくる。

悩みやストレスがある人に、どういう悩みかを複数回答で答えてもらった結果を年齢層ごとにつないでみると、人生の各時期の悩みを一望できるグラフ<図1>が出来上がる。

maita181219-chart01.jpg

入試がある10代後半では、受験・学業の悩みが幅を利かせている。その次は家族以外との人間関係だが、いじめの悩みもこれに含まれると思われる。20代になり就職すると「自分の仕事」が首位になり、生産年齢にかけてそれが継続する。住宅ローンを組み、子どもの教育費もかさむようになるため、加齢に伴い「収入・家計・借金等」の悩みも頭をもたげてくる。30~40代では育児・教育の悩みも多い。40代後半から自分ないしは家族の病気・介護の幅が広がり、高齢期ではこれらが全体の半分以上を占めるようになる。統計は正直で、各ステージの危機や困難が実にはっきりと出ている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

東芝きょう総会、「物言う株主」の取締役選任が焦点

ワールド

米大統領、ポーランドの米軍駐留延長など発表へ=NB

ワールド

バイデン氏、違法漁業巡る対応で覚書に署名 中国漁船

ビジネス

独シーメンス、建物管理ソフトの米ブライトリー買収 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    40年ぶりの「超インフレ」アメリカに暮らして

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月