最新記事

日本社会

年代別「悩みのタネ」から見えてくる、日本社会の大きな偏り

2018年12月19日(水)16時15分
舞田敏彦(教育社会学者)

年代別に悩み・ストレスの内訳を見てみると日本社会の抱える問題が浮き彫りに chinaface/iStock.

<日本人の「悩み・ストレス」をグラフ化すると、40代後半以降の女性に育児・介護の負担が偏っていることがわかる>

「人生山あり谷あり」と言うが、人がたどる人生の行程(人生行路)は決して平坦ではない。若年期には、入学試験、就職、結婚、出産といったライフイベントがある。社会が複雑化し多様な人間関係を取り結ぶようになると、それに伴う軋轢も増加する。前近代社会のように、生まれ落ちた身分(地域)に相応した「生きる指針」もない現代社会は、人生の選択の余地が多分に開かれている。社会の発展に伴って、人々の心的葛藤(悩み)が増えるのは道理だ。

2016年の厚生労働省の調査によると、15歳以上の国民の48.9%が何らかの悩み・ストレスを抱えると答えている。どういう悩みかを問うと、最も多いのは「自分の仕事」に関することで、2位は「収入・家計・借金等」、3位は「自分の病気や介護」に関することだ。高齢期になると、3番目の項目の比重が増してくる。

悩みやストレスがある人に、どういう悩みかを複数回答で答えてもらった結果を年齢層ごとにつないでみると、人生の各時期の悩みを一望できるグラフ<図1>が出来上がる。

maita181219-chart01.jpg

入試がある10代後半では、受験・学業の悩みが幅を利かせている。その次は家族以外との人間関係だが、いじめの悩みもこれに含まれると思われる。20代になり就職すると「自分の仕事」が首位になり、生産年齢にかけてそれが継続する。住宅ローンを組み、子どもの教育費もかさむようになるため、加齢に伴い「収入・家計・借金等」の悩みも頭をもたげてくる。30~40代では育児・教育の悩みも多い。40代後半から自分ないしは家族の病気・介護の幅が広がり、高齢期ではこれらが全体の半分以上を占めるようになる。統計は正直で、各ステージの危機や困難が実にはっきりと出ている。

ニュース速報

ワールド

米政府、メキシコとの新型コロナワクチンの共有を否定

ワールド

EXCLUSIVE-米、ナワリヌイ氏への毒物使用巡

ワールド

仏コロナ規制、4─6週間は現状維持が必要=保健相

ワールド

原油価格1ドル超下落、OPECプラス会合控え増産懸

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 6

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 7

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 8

    バブルは弾けた

  • 9

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 10

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月