最新記事

環境

地球温暖化と戦う深海の「炭素貯蔵庫」を研究者が発見

Great Barrier Reef’s Seagrass Is Major Blue Carbon Sink

2018年12月14日(金)16時00分
ハナ・オズボーン(サイエンス担当)

グレートバリアリーフ周辺の深海には炭素を吸収する海草の巨大な生態系が Maerie/iStock.

<グレートバリアリーフ周辺の深海に、大量の炭素を吸収する巨大な生態系があった>

オーストラリア北東部沿岸に広がるサンゴ礁地帯グレートバリアリーフに、大量の炭素を吸収する海草などの生態系があることを、オーストラリアの研究グループが発見した。広さはニュージャージー州の面積の2倍にあたり、約2800万トンの炭素を貯蔵している。気候変動を緩和する一助になるかもしれないとして注目だ。

こうした海の生態系はマングローブや海草、塩性湿地などから成り、二酸化炭素を吸収し貯蔵する。オーストラリア・ディーキン大学のピーター・マクリーディ準教授はこれまで、グレートバリアリーフで海草の炭素貯蔵能力を調査してきた。

現地調査の中でマクリーディは、サンゴ礁周辺の深海に海草が生息する広大な海域があることを知った。「この深海の海草が相当規模の炭素を貯蔵しているかどうか、調べるべきだと考えた」

マクリーディは、オーストラリアの他の大学の研究者と共同で、深さ15メートル以上の深海と、中間の海中、浅い海中のそれぞれの炭素貯蔵量を比較した。そして深海部の海草が浅い海中の海草と同レベルの炭素を吸収しているという分析結果を得た。

「強力な自然兵器」

生物学の専門誌「バイオロジー・レターズ」で掲載した論文の中で、マクリーディら研究グループは、他の深海の海草藻場も同様の量の炭素を貯蔵できるかどうか検証し、グレートバリアリーフ全体で2740万トンの「ブルーカーボン(海の炭素)」が貯蔵されていると結論付けた。

マクリーディは「ここまで大量の炭素が貯蔵されているとは知らなかった」と述べている。調査した海域が限られているため、全体の炭素貯蔵量は推定値でしかないが、それでもこれまで考えられていたブルーカーボンより多量の炭素が貯蔵されていることを示している。

「これらの"ブルーカーボン生態系"は気候変動と戦う強力な自然兵器だ」とマクリーディは言う。「すごい朗報だ。我々は新たな資産を発見した。誰も知らなかった炭素貯蔵庫だ」

多くの科学者が今、養殖や農業、環境汚染、マングローブの森の開発などでブルーカーボン生態系が破壊されることを恐れている。現時点では、深海の海洋生態系が地球環境を維持するうえでどの程度の能力があるのか、ほとんどわかっていない。

「深海の生態系は天候などの異変に対する抵抗力が強いので、浅い海域の生態系よりも回復力が強いのではないか。サンゴ礁など浅い海域の生態系は現在、地球的規模で壊滅的な打撃を受けている」と、マクリーディは言う。

ニュース速報

ビジネス

日銀6月の国債買い入れ、「残存3年超5年債」を増額

ビジネス

日産の円建て融資は主力みずほが3500億円、政府保

ワールド

中国、韓国へのTHAAD配備に断固反対=外務省

ワールド

中国は対抗措置、香港国家安全法巡り米国が行動すれば

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 8

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月