最新記事

睡眠

女性のベッドのお供は......人間ではなく犬がベスト!?

2018年12月12日(水)15時30分
モーゲンスタン陽子

犬が幸せ感と安心感を与えてくれる… Rasulovs-iStock

<アメリカの最新調査によると、多くの女性が人間のパートナーより犬と寝ているときにより深い安心感を覚え、よく眠れるという...>

アメリカ全土の962人の女性を対象に行われた最新の調査で、女性は人間のパートナーより犬といっしょに寝たほうが睡眠の質が向上する可能性があることがわかった。

調査は、アンケート回答とアクティグラフ(睡眠・覚醒判定機器)による自己診断ではあるが、それによると、多くの女性が人間より犬と寝ているときにより深い安心感を覚え、よく眠れるようだ。

猫ではダメ......

ニューヨーク州バッファロー市のカニシャス大学によって行われた調査では、対象者のうち55%が少なくとも1匹以上の犬と寝ていると回答。少なくとも1匹以上の猫と寝ているのは31%で、女性全体の 57%は人間のパートナーとも寝ていると答えた。

学者たちがデータを分析したところ、犬は、人間に比べ、飼い主の女性を睡眠中に起こすことが少なく、夜間の防犯という観点で安心感を与えるという。女性たちは、心地よさとセキュリティにおいて人間よりも犬のほうを高くランク付けした。

だが、残念なことに、猫では同様の効果が得られないそうだ。猫は人間と同様、睡眠の妨げとなる可能性が大きく、またセキュリティの面でも犬ほど頼りにならないのが理由だ(愛猫家たちの反論が聞こえてきそうだが...)。

ちなみに、以前、アリゾナのクリニックが行った別の調査では、犬と一緒に寝る人は男女の別なく一般的に睡眠の質が良かったという。

犬の飼い主のほうが健康的?

確かに、人間のパートナーと寝るのは難しいこともある。相手がいつまでも本を読んでいたりすると、ランプが眩しくてなかなか寝つけなかったりするし、またアメリカの多くの家庭のように、主寝室にテレビを備え付けていたりする場合はさらに問題だ。イビキの問題は......これは大型犬の場合もあまり変わらないかもしれない。

パートナーだけではない。人間の場合、小さな子供も睡眠を妨げる原因となる。研究チームを率いるクリスティ・L・ホフマン教授は、飼い犬が自分の幼い娘のように自分の睡眠を妨げることがないことに気づき、同研究を思いついたという(サイコロジー・トゥデイ)。

ホフマンはまた、犬の飼い主は、犬を飼っていない人や猫の飼い主に比べ、就寝時間が早めなどよりよい睡眠習慣を持ち、また散歩の必要性などから、より厳しい日課をこなしているとも分析している(ハフィントン・ポスト)。

さらにセキュリティ面においては、「侵入者やその他の緊急事態の場合、犬が教えてくれるだろうと安心感を持つ飼い主もいるのでは。猫はあまりそういう役目をこなさないでしょうから」と、自身も「犬好き」というホフマンは言う。

犬と人間が見つめ合うと「愛情ホルモン」の分泌が急増

一方、英デイリー・メール紙によると、人間と犬のあいだにはあきらかに化学反応があるという。人間と犬が見つめあうとき、「愛情ホルモン」あるいは「幸せホルモン」などと呼ばれるオキシトシンの分泌量が急増することを日本人研究者たちが突き止めた、と同紙は伝えている。犬の場合、飼い主を見つめるときに分泌量が130%になり、人間が飼い犬を見つめるとき、男女ともにそれは300%にものぼるそうだ。

犬が幸せ感と安心感を与えてくれる──つい先日も、昨年全世界で殺害された女性のうち約60%が、パートナーや親族に殺されたというショッキングな国連発表があったばかりだ。人間のパートナー、とくに男性より、犬のほうが安心できるという現象もわからないでもない。

ニュース速報

ワールド

金正恩氏、ASEAN首脳会議出席見送り 南北関係緊

ワールド

香港の安定を脅かすことは決して容認しない=中国外相

ワールド

ドイツの対米輸出、第3四半期は前年比+7.6% 貿

ワールド

中国、米との「第1段階」通商合意に向け懸命に取り組

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

  • 6

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 7

    世帯格差が子どもの体力低下にも繋がっている

  • 8

    トランプ、韓国が駐留経費増額に応じなければ在韓米…

  • 9

    香港高裁と北京政府が激突

  • 10

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 7

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 8

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月