最新記事

東南アジア

8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インドネシアのジャングル、6人がかりの格闘で救出

2018年12月7日(金)17時11分
大塚智彦(PanAsiaNews)

体長8メートル超の巨大ニシキヘビとの死闘 Ronal Efendi Coto / Facebook

<自然の脅威がまだ残るインドネシアで、漁師が世界最大級のニシキヘビに襲われる事件が起きた>

インドネシアのスマトラ島中央部の西スマトラ州パリアマン県のジャングルにある小川で漁をしていた男性が誤ってニシキヘビを踏みつけ、足首付近をニシキヘビの体に絡まれる事故が起きたことが12月5日に報じられた。

報道では駆けつけた仲間が必死にニシキヘビを振りほどこうと努力の末、男性は無事に救出されたが、このニシキヘビの体長は約8メートル20センチと世界的にも最大級であることがわかった。

インドネシアでは巨大ヘビに人間が襲われる事故が頻発しており、女性が生きたまま丸呑みされて死亡する事案も報告されている。

パリアマン県のジャングル内にある小川でウナギを捕獲しようとしていた漁民の男性、タン・ガルアンさんが11月24日、ジャングル内の小川でウナギなどを捕獲しようと歩いていて誤ってニシキヘビの体を踏んでしまった。タンさんは「最初は木の根っこだと思って踏んだら、変な感触だったのでヘビだとわかった。驚くとともにショックだった」と話している。

あわてたニシキヘビは長く太いその体でタンさんの足首に絡みついたという。助けを求めるタンさんに気づいた漁民仲間5人が駆けつけ、ニシキヘビを必死に押さえつけたり、叩いたりして救出を試みた。

漁民の1人はニシキヘビが噛みつかないようにと頭の部分を懸命に押さえ込んでいたという。

数分間の格闘の末にタンさんの足首は解放されたものの、別の漁民の脚が絡まれそうになり、再び懸命の救出劇が繰り返されたという。

この時の巨大ニシキヘビと格闘する漁民たちの様子は近くにいた仲間が動画撮影しており、その様子はfacebookにアップされている。

動画の中では漁民たちが危険を避けながら「awas(危ない)」と掛け声をかけて泥の中でニシキヘビと必死に格闘する様子が生々しくとらえられている。

最終的にニシキヘビの生け捕りに成功した漁民たちは金網の檻(おり)にニシキヘビを保管して近くの村に持ち帰った。

タンさんは「私たち漁民はいつも小魚の漁をしているが、こんなに大きな獲物が手に入ったのはご褒美のようなものだ」としたうえで「しかし私たちの宗教(イスラム教)ではヘビを食べることを禁じているので、残念ながら食べることができない」と話していた。仲間と相談した結果、村など住民の生活区域から遠く離れた山間部にニシキヘビを運んで、そこで解放したという。


世界最大級のニシキヘビとの死闘 Ronal Efendi Coto / Facebook

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月