最新記事

東南アジア

8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インドネシアのジャングル、6人がかりの格闘で救出

2018年12月7日(金)17時11分
大塚智彦(PanAsiaNews)

体長8メートル超の巨大ニシキヘビとの死闘 Ronal Efendi Coto / Facebook

<自然の脅威がまだ残るインドネシアで、漁師が世界最大級のニシキヘビに襲われる事件が起きた>

インドネシアのスマトラ島中央部の西スマトラ州パリアマン県のジャングルにある小川で漁をしていた男性が誤ってニシキヘビを踏みつけ、足首付近をニシキヘビの体に絡まれる事故が起きたことが12月5日に報じられた。

報道では駆けつけた仲間が必死にニシキヘビを振りほどこうと努力の末、男性は無事に救出されたが、このニシキヘビの体長は約8メートル20センチと世界的にも最大級であることがわかった。

インドネシアでは巨大ヘビに人間が襲われる事故が頻発しており、女性が生きたまま丸呑みされて死亡する事案も報告されている。

パリアマン県のジャングル内にある小川でウナギを捕獲しようとしていた漁民の男性、タン・ガルアンさんが11月24日、ジャングル内の小川でウナギなどを捕獲しようと歩いていて誤ってニシキヘビの体を踏んでしまった。タンさんは「最初は木の根っこだと思って踏んだら、変な感触だったのでヘビだとわかった。驚くとともにショックだった」と話している。

あわてたニシキヘビは長く太いその体でタンさんの足首に絡みついたという。助けを求めるタンさんに気づいた漁民仲間5人が駆けつけ、ニシキヘビを必死に押さえつけたり、叩いたりして救出を試みた。

漁民の1人はニシキヘビが噛みつかないようにと頭の部分を懸命に押さえ込んでいたという。

数分間の格闘の末にタンさんの足首は解放されたものの、別の漁民の脚が絡まれそうになり、再び懸命の救出劇が繰り返されたという。

この時の巨大ニシキヘビと格闘する漁民たちの様子は近くにいた仲間が動画撮影しており、その様子はfacebookにアップされている。

動画の中では漁民たちが危険を避けながら「awas(危ない)」と掛け声をかけて泥の中でニシキヘビと必死に格闘する様子が生々しくとらえられている。

最終的にニシキヘビの生け捕りに成功した漁民たちは金網の檻(おり)にニシキヘビを保管して近くの村に持ち帰った。

タンさんは「私たち漁民はいつも小魚の漁をしているが、こんなに大きな獲物が手に入ったのはご褒美のようなものだ」としたうえで「しかし私たちの宗教(イスラム教)ではヘビを食べることを禁じているので、残念ながら食べることができない」と話していた。仲間と相談した結果、村など住民の生活区域から遠く離れた山間部にニシキヘビを運んで、そこで解放したという。


世界最大級のニシキヘビとの死闘 Ronal Efendi Coto / Facebook

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 3

    英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

  • 4

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 5

    金正恩「安倍は軍国主義」、日本の会談呼びかけにカ…

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 8

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 9

    メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 7

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 9

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 10

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月