最新記事

BOOKS

故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕生に懸念:遺作エッセイが出版

2018年10月19日(金)16時10分
高森郁哉

ホーキング博士が答える10の「大きな疑問」 Lucas Jackson-REUTERS

<スティーブン・ホーキング博士の遺作のエッセイ集が出版され、「神は存在するか」「未来は予測できるか」など10の疑問に答えている>

近い将来、遺伝子操作によって身体的に改良された「超人間」が誕生し、既存の人類が絶滅に追いやられるおそれがある――。今年3月に他界した物理学者スティーブン・ホーキング博士が、このほど出版された遺作のエッセイ集の中で、そんな警鐘を鳴らしている。

超人間の誕生と懸念

英ガーディアン本誌米国版などが報じた。ホーキング博士は著書の中で、遺伝子工学に関して、人間に対する遺伝子操作を禁止する法律がおそらく今後制定されるだろうと予測。ただし、記憶力、病気への耐性、寿命といった人間の特徴を改良する誘惑にあらがえない人も出てくるはずで、(高額な施術費用を払える)富裕層は子孫のDNAを改変して能力を高めようとするだろう、と予言している。

このような遺伝子的に改良された「超人間(superhuman)」が登場すると、彼らよりも能力で劣る既存の人類との間で格差が生じ、重大な政治問題になると指摘。超人間と競争できない人類は「絶滅するか、重要でない存在になっていく」と警鐘を鳴らした。代わりに、「加速度的に自己の改良を続ける新たな種が台頭する」との予測を示している。

ホーキング博士はこうした予測の根拠の一例として、2012年に特許申請された遺伝子編集技術「CRISPR(クラスター化規則的間隔占有短鎖パリンドローム反復)-Cas9」を挙げている。これは、ゲノム配列の任意の場所を削除、置換、挿入することを可能にする技術で、すでに特定の疾病の治療に実用化されているという。

遺作の概要

hawking1019b.jpg

Brief Answers to the Big Questions(John Murray Ltd)

ホーキング博士の遺作は『Brief Answers to the Big Questions』(大きな疑問への簡潔な回答)と題され、英出版社ジョン・マレーから今月16日に刊行された。同博士が生前、科学者や政治的指導者、起業家や経営者らから繰り返し尋ねられた疑問に対し、回答をまとめたものだという。

疑問は10項目あり、「神は存在するか」「万物はどのように始まったか」「未来は予測できるか」「ブラックホールの中には何があるか」「宇宙に他の知的生命体はいるか」「人工知能は人類よりも賢くなるか」「人類はどのように未来を実現すべきか」「人類は地球で生き残るのか」「人類は宇宙に入植すべきか」「タイムトラベルは実現するか」となっている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ミネソタ州デモ巡るトランプ大統領の投稿、ツイッター

ビジネス

独小売売上高指数、4月は前月比-5.3% 予想ほど

ビジネス

ユーロ圏にはデフレリスク、市場の緊張は緩和=イタリ

ビジネス

ユーロ圏5月CPI速報、前年比+0.1%に減速 エ

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 4

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 8

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月