最新記事

害虫

この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯らす害虫が拡散中

Christmas Tree Spotted Lanternfly Could Infest Homes

2018年10月16日(火)18時00分
ジェイソン・ホール

見た目も毒々しいシタベニハゴロモの成虫 New Jersey Department of Agriculture

<中国やインドなどアジアに広く分布する害虫が、米東海岸や日本に生息範囲を広げている。ニュージャージー州は見つけ次第駆除するよう呼び掛けている>

アメリカでは今年、シタベニハゴロモ(学術名:Lycorma delicatula)のせいで、クリスマスが台無しになる家が続出するかもしれない。ニュージャージー州農務省の造園関連部署を統括する農業専門家ジョゼフ・ゾルトウスキーは、地元メディアのNJ.comを通じて警告した。

シタベニハゴロモがクリスマスツリー用のもみの木に卵を産みつけた可能性があるという。もし繁殖すれば、木や農産物を食べて大きな被害をもたらしかねない。目撃したら直ちに駆除するよう、ニュージャージー州は注意を呼び掛けている。

シタベニハゴロモはもともと中国など東アジアに生息する虫だが、4年前にアメリカ国内で初めてペンシルベニア州で発見され、のちに東海岸全体に広まった(日本でも2009年に石川県、2013年に福井県、2017年大阪府で発見されている)。

ニュージャージー州では3つの郡で見つかっている。成虫か卵が材木や農産物などに付いて拡散したと考えられている。クリスマスツリー用もみの木の樹皮や枝に隠れている可能性もある。「(シタベニハゴロモは)非常に見つけにくい」と、ゾルトウスキーは述べる。

すす病の原因にも

ニュージャージー州ウォレン郡に住むある女性は、クリスマスツリーに付着していたシタベニハゴロモの卵が家の中で孵化したのを確認したという。専門家によると、樹皮に卵塊が2つ見つかった。1つの卵塊には30個~50個もの卵が入っている。

伐採されたもみの生木をクリスマスツリーとして買う人は、虫や卵が付いていないかを慎重にチェックしてからにすべきだとゾルトウスキーは言う。大量に繁殖すれば木も枯らすし、少しでもいれば住居や庭への被害は免れない。「シタベニハゴロモは、あらゆる農作物に影響をおよぼす可能性がある害虫だ」とゾルトウスキーは話す。

webs181016-bug02.jpg同じく成虫。羽を閉じると灰色になる New Jersey Department of Agriculture

ニュージャージー州農務省は、シタベニハゴロモについて次のように説明している。「羽を閉じているときの成虫は、体長が1インチ(約2.5cm)、幅が0.5インチ(1.27cm)だ。前翅はグレーで黒い斑点があり、先端はグレーを背景にして黒い四角形が並び、網目模様になっている」

「後翅は赤と黒のまだら模様で、白い帯状の部分がある。脚と頭部は黒く、腹部は黄色で、幅広い黒い縞が入っている。幼虫のときは、黒に白い斑点があり、成長とともに、黒い背景に赤い領域が現れる」

同州農務省は、以下のように伝えている。「成虫と若虫は、植物の若い茎や葉軸の師部にとがった口器を突き刺し、汁を吸って生きている。そして、排泄物の液体を大量に排出し、すす病(黒く汚れたようなカビが生える病気)を発生させる」

シタベニハゴロモを見かけたら通報するよう呼びかけるニュージャージー州の動画

関連ワード

ニュース速報

ワールド

情報BOX:「目には目を」 中国の反外国制裁法の内

ビジネス

ユーロ圏経済は転換点、PEPP終了議論は尚早=EC

ワールド

中国、G7声明を非難 「中傷やめるべき」

ビジネス

タイ工場130カ所でコロナ集団感染、輸出に影響も

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月