最新記事

エアライン大革命

ペットは飛行機の乗客? 機内と機外で激論が

2018年10月10日(水)18時00分
ニューズウィーク日本版編集部

旅行するなら家族同然のペットも一緒に連れていきたい Manny Ceneta/GETTY IMAGES

<クジャクは「感情支援動物」なのか......ペットを飛行機に連れて乗せる乗客の増加で議論が勃発>

旅行するなら、家族同然のペットも一緒に連れていきたい。そんな思いから乗客がペット連れで飛行機に乗り込む姿は、アメリカでは珍しくない(冒頭写真)。

そんな愛犬家の家族に今年3月、悲劇が起きた。一家が米ヒューストン発、ニューヨーク行きの米ユナイテッド航空の機内にフレンチ・ブルドッグの子犬を米運輸保安局(TSA)認可済みのキャリーバッグに入れて持ち込んだが、客室乗務員から頭上の荷物棚に収納するよう指示された。押し問答の末にしぶしぶ従い、約3時間半後に着陸して棚を開けると、子犬は息絶えていた。必死で蘇生を試みたが息を吹き返すことはなく、一家は機内で号泣したという。

ユナイテッド航空の米国内線では、犬や猫などの搭乗費用125ドルを支払い、前方の座席の下に完全に収まるケースに入れれば機内に持ち込むことが可能だ。だがこの子犬の入ったバッグは通路にはみ出していたため、客室乗務員が頭上の棚に入れるよう指示。棚の中で子犬は30分ほど吠え続けていたが、やがて静かになったという。棚の中で窒息死したとみられている。

米運輸省によれば、アメリカでは昨年、17の航空会社によって約50万7000匹のペットが運ばれた。なかでもユナイテッド航空は最多の約13万8000匹を搭乗させたが、そのうち18匹が死亡。同社は子犬死亡の件については全面的に責任を認め、謝罪する声明文を発表した。

悲劇がある一方で、厚遇を受けて救われた犬もいる。7月、フロリダからマサチューセッツ州行きのジェットブルー機内に持ち込まれた3歳のフレンチ・ブルドッグが、呼吸困難で舌が青くなっているのを飼い主が発見。客室乗務員の機転で座席の上に座らせ、酸素マスクを着けてやると呼吸を取り戻した。

飼い主側が物議を醸すこともある。1月には、米ニュージャージー州の空港にクジャクを同伴して現れた乗客がいた。一部の航空会社では規定の要件を満たした場合に限り、乗客の感情や精神のセラピーを助ける「感情支援動物」や介助動物の搭乗が無料で認められている。ユナイテッド航空はクジャクは要件に合わないと事前に搭乗を断っていたものの、乗客は当日にクジャクを連れてきた。ユナイテッド側はクジャクの搭乗を再度拒否したが、空港にクジャクがいる様子がネット上で拡散され「感情支援動物」の同伴の是非について議論が飛び交った。

騒動を受けて、アメリカン航空は感情支援動物であっても搭乗できない動物のリストを発表。両生類やヤギ、ハリネズミ、ヘビなどは「NG」だが、驚くことに要件に合えば「小型の馬」でも搭乗できる。

航空業界団体エアラインズ・フォー・アメリカによれば、感情支援動物として搭乗したケースは16年には約48万件だったのが、昨年は約75万件に急増した。搭乗費用を浮かせるために訓練されていない動物を感情支援動物と偽って持ち込むケースもあるといい、航空業界側は要件を厳格にするよう米当局に求めている。

<本誌2018年10月02日号「特集:エアライン大革命」より転載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月