最新記事

エアライン大革命

ペットは飛行機の乗客? 機内と機外で激論が

2018年10月10日(水)18時00分
ニューズウィーク日本版編集部

旅行するなら家族同然のペットも一緒に連れていきたい Manny Ceneta/GETTY IMAGES

<クジャクは「感情支援動物」なのか......ペットを飛行機に連れて乗せる乗客の増加で議論が勃発>

旅行するなら、家族同然のペットも一緒に連れていきたい。そんな思いから乗客がペット連れで飛行機に乗り込む姿は、アメリカでは珍しくない(冒頭写真)。

そんな愛犬家の家族に今年3月、悲劇が起きた。一家が米ヒューストン発、ニューヨーク行きの米ユナイテッド航空の機内にフレンチ・ブルドッグの子犬を米運輸保安局(TSA)認可済みのキャリーバッグに入れて持ち込んだが、客室乗務員から頭上の荷物棚に収納するよう指示された。押し問答の末にしぶしぶ従い、約3時間半後に着陸して棚を開けると、子犬は息絶えていた。必死で蘇生を試みたが息を吹き返すことはなく、一家は機内で号泣したという。

ユナイテッド航空の米国内線では、犬や猫などの搭乗費用125ドルを支払い、前方の座席の下に完全に収まるケースに入れれば機内に持ち込むことが可能だ。だがこの子犬の入ったバッグは通路にはみ出していたため、客室乗務員が頭上の棚に入れるよう指示。棚の中で子犬は30分ほど吠え続けていたが、やがて静かになったという。棚の中で窒息死したとみられている。

米運輸省によれば、アメリカでは昨年、17の航空会社によって約50万7000匹のペットが運ばれた。なかでもユナイテッド航空は最多の約13万8000匹を搭乗させたが、そのうち18匹が死亡。同社は子犬死亡の件については全面的に責任を認め、謝罪する声明文を発表した。

悲劇がある一方で、厚遇を受けて救われた犬もいる。7月、フロリダからマサチューセッツ州行きのジェットブルー機内に持ち込まれた3歳のフレンチ・ブルドッグが、呼吸困難で舌が青くなっているのを飼い主が発見。客室乗務員の機転で座席の上に座らせ、酸素マスクを着けてやると呼吸を取り戻した。

飼い主側が物議を醸すこともある。1月には、米ニュージャージー州の空港にクジャクを同伴して現れた乗客がいた。一部の航空会社では規定の要件を満たした場合に限り、乗客の感情や精神のセラピーを助ける「感情支援動物」や介助動物の搭乗が無料で認められている。ユナイテッド航空はクジャクは要件に合わないと事前に搭乗を断っていたものの、乗客は当日にクジャクを連れてきた。ユナイテッド側はクジャクの搭乗を再度拒否したが、空港にクジャクがいる様子がネット上で拡散され「感情支援動物」の同伴の是非について議論が飛び交った。

騒動を受けて、アメリカン航空は感情支援動物であっても搭乗できない動物のリストを発表。両生類やヤギ、ハリネズミ、ヘビなどは「NG」だが、驚くことに要件に合えば「小型の馬」でも搭乗できる。

航空業界団体エアラインズ・フォー・アメリカによれば、感情支援動物として搭乗したケースは16年には約48万件だったのが、昨年は約75万件に急増した。搭乗費用を浮かせるために訓練されていない動物を感情支援動物と偽って持ち込むケースもあるといい、航空業界側は要件を厳格にするよう米当局に求めている。

<本誌2018年10月02日号「特集:エアライン大革命」より転載>

20210629issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月29日号(6月22日発売)は「ファクトチェック 韓国ナゾ判決」特集。慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決――。韓国は変わったのか。「大人」になった世論と政治が司法を変えたのか。

ニュース速報

ビジネス

FRB当局者、米国の高インフレ「予想外に長引く可能

ビジネス

米5月新築住宅販売5.9%減、1年ぶり低水準 価格

ワールド

米中、来週の外相会談の予定なし=米国務省当局者

ビジネス

米製造業PMI、6月は過去最高 価格上昇続く

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月