最新記事

映画

トランプ大統領誕生を予言したマイケル・ムーアが帰ってきた! 映画『華氏119』試写会ご招待

2018年9月27日(木)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ひと筋縄ではいかない男マイケル・ムーアがトランプを大統領にしたアメリカ社会を斬る!

<2016年11月9日、アメリカ大統領選挙に勝利したトランプが勝利宣言をした。この衝撃の事態を予言した男、あのマイケル・ムーアが満を持して、このトランプ大統領時代を斬る新作を制作、緊急公開される>

アポロキャップにボサボサの髪でメガネをかけ、いつも不機嫌そうな小太りのこの男は、相手の都合などお構いなしに突然現れ、カメラを回して追いかける──。そんな突撃アポなしスタイルで取材するドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアの最新作は、現代最高のお騒がせ男、ドナルド・トランプ大統領を題材にする。

銃社会アメリカの闇を描いた『ボウリング・フォー・コロンバイン』や医療問題を扱った『シッコ』など、常に巨大な権力に怒りをぶつけるような作品を発表してきたムーア。もちろん、その矛先はアメリカの最高権力者である大統領にも向けられ、2004年には当時のジョージ・W・ブッシュ政権を痛烈に批判、大統領選での再選阻止を目的として『華氏911(Fahrenheit 9/11)』を発表した。そして今回、これに呼応するような形でムーアは新作『華氏119(Fahrenheit11/9)』を制作した。

トランプの大統領選勝利を予言したムーア

トランプとヒラリー・クリントンの選挙戦が激しさを増していた2016年7月、ムーアは「大統領選でトランプが勝利する5つの理由」(5 Reasons Why Trump Will Win)という文章を発表。自身はクリントンを支持していながらも、ラストベルトを取材して急速な民主党=クリントン離れが起きている感触から、大胆にもトランプ勝利を予想。

さらにその予想を元にトランプの大統領選勝利を阻止するため、10月7日には自らオハイオ州の劇場でトークショーを行って、これを撮影したものを『マイケル・ムーア・イン・トランプランド』という映画にして一般投票を前にした16年10月17日に公開している。

新作『華氏119』はトランプ批判が目的ではない!?

ところが、新作『華氏119』は直裁的なトランプ批判をする映画かというと、そうではない。むしろ、トランプが共和党候補になり、そして大統領選で勝利したアメリカの政治と社会の仕組み、そのものの問題を衝く内容になっているという。支持率が40%を割り込み、多くの国民が「No」を突きつけながら、それでも権力が維持されるアメリカ、そして世界の不条理にムーアは斬り込んでいく──。

 今回、本作品のニューズウィーク日本版特別試写会を10月22日に開催、読者の方80組160名様をご招待する。


映画『華氏119』予告編

[原題]:FAHRENHEIT 11/9
[監督・脚本]:マイケル・ムーア(『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』)
[出演]第45代 アメリカ合衆国大統領 ドナルド・トランプ ほか
[配給]ギャガ
【オフィシャルサイト】https://gaga.ne.jp/kashi119/
2018年11月2日(金)TOHOシネマズ シャンテほか 全国ロードショー


『華氏119』試写会
日時:2018年10月22日(月)18:00開場/18:30開映(上映時間:129分)
会場::ニッショーホール 東京都港区虎ノ門2-9-16

応募締切:2018年10月11日(木)12:00



submit.png





※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

 20221011issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月11日号(10月4日発売)は「超円安時代」特集。急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前。インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

カナダ中銀、急速な利上げ継続 基調インフレ緩和せず

ビジネス

米ペロトン、従業員約12%削減へ 会社「救う」措置

ビジネス

米新規失業保険申請21.9万件、予想より増加 ハリ

ワールド

英、冬季に3時間の計画停電実施も ガス輸入不十分な

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 10

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月