最新記事

世界遺産

文化遺産がリニューアルに失敗? マレーシアのバトゥ洞窟、極彩色にした階段に非難殺到

2018年8月30日(木)18時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

色鮮やかな蛍光色のグラデーションに塗り替えられた階段。 The Star Online / YouTube

<美しい景観が人気のヒンドゥー教の寺院が、改修工事をしたところ「周囲にマッチしない」と大ブーイングを浴びている。観光誘致に力を入れるマレーシア政府も巻き込んだ論争に──>

マレーシアの首都クアラルンプール郊外にあるヒンドゥー教の聖地「バトゥ・ケイブ(バトゥ洞窟)」にある洞窟内の寺院に通じる階段が改修工事で極彩色に塗り替えられたところ、これが周囲の景観と不釣り合いという反発、悪評が広がり、「塗り替え」を許可した覚えはないとする監督官庁と寺院側が対立する事態に発展している。

クアラルンプールからマレー鉄道で約30分、バトゥ洞窟駅で下車して進むと高さ43メートルの黄金色に輝く軍神像が迎えてくれる。そのわきにある272段の階段を上りつめた約4億年前の石灰岩による洞窟内部がヒンドゥー寺院となっており、マレーシアの文化遺産として登録され、保護の対象となっている。洞窟内は高さ約100メートルあり、一部は天頂部の岩が開いており、空を臨むこともできる神秘的な場所として世界中の観光客に人気の「パワースポット」ともなっている。

参考記事:マレーシア、観光誘致ロゴに批判止まず作り直し「オランウータンがサングラス? あり得ない!」

今回問題となっているのはその階段部分で、もともとは手すり以外は地味な色だったものが、改修工事の一環として赤、黄、青などの極彩色に塗り替えられた。

これが周辺住民やネチズンの間で「周囲の景観に全然マッチしていない」「センスが悪い」などの批判が殺到、ついに文化遺産を管轄する政府機関が実態調査に乗り出すまでになっている。

newsweek_20180830_180245.JPG

こちらが塗り替えられる前の階段。歴史の重みを感じさせるような色合いだ。(撮影筆者)

食い違う寺院と政府の発言

マレーシアの文化財保護法40条では、文化財に指定された建物、施設に関し、改修や補修を含む各種工事、何らかの手を加える場合には文化遺産を担当する文化遺産局(JWN)に届け出と許認可が必要であるとされている。

ところが寺側の改修委員会は「文化遺産に指定されているのは寺院であって、そこに至るための階段は遺産には含まれておらず、そもそも許認可どころか届け出すら必要はないものだ」として法令違反ではない、との立場を明らかにしている。

これに対しJWN側は「文化遺産はその周囲の建物、施設、景観を含めた全体であり、当然階段もその付帯設備として届け出る対象になる」と主張。今回の無許可塗り替えは法律違反の可能性があると態度を硬化させている。

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 6

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 7

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 8

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月