最新記事

世界遺産

文化遺産がリニューアルに失敗? マレーシアのバトゥ洞窟、極彩色にした階段に非難殺到

2018年8月30日(木)18時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

色鮮やかな蛍光色のグラデーションに塗り替えられた階段。 The Star Online / YouTube

<美しい景観が人気のヒンドゥー教の寺院が、改修工事をしたところ「周囲にマッチしない」と大ブーイングを浴びている。観光誘致に力を入れるマレーシア政府も巻き込んだ論争に──>

マレーシアの首都クアラルンプール郊外にあるヒンドゥー教の聖地「バトゥ・ケイブ(バトゥ洞窟)」にある洞窟内の寺院に通じる階段が改修工事で極彩色に塗り替えられたところ、これが周囲の景観と不釣り合いという反発、悪評が広がり、「塗り替え」を許可した覚えはないとする監督官庁と寺院側が対立する事態に発展している。

クアラルンプールからマレー鉄道で約30分、バトゥ洞窟駅で下車して進むと高さ43メートルの黄金色に輝く軍神像が迎えてくれる。そのわきにある272段の階段を上りつめた約4億年前の石灰岩による洞窟内部がヒンドゥー寺院となっており、マレーシアの文化遺産として登録され、保護の対象となっている。洞窟内は高さ約100メートルあり、一部は天頂部の岩が開いており、空を臨むこともできる神秘的な場所として世界中の観光客に人気の「パワースポット」ともなっている。

参考記事:マレーシア、観光誘致ロゴに批判止まず作り直し「オランウータンがサングラス? あり得ない!」

今回問題となっているのはその階段部分で、もともとは手すり以外は地味な色だったものが、改修工事の一環として赤、黄、青などの極彩色に塗り替えられた。

これが周辺住民やネチズンの間で「周囲の景観に全然マッチしていない」「センスが悪い」などの批判が殺到、ついに文化遺産を管轄する政府機関が実態調査に乗り出すまでになっている。

newsweek_20180830_180245.JPG

こちらが塗り替えられる前の階段。歴史の重みを感じさせるような色合いだ。(撮影筆者)

食い違う寺院と政府の発言

マレーシアの文化財保護法40条では、文化財に指定された建物、施設に関し、改修や補修を含む各種工事、何らかの手を加える場合には文化遺産を担当する文化遺産局(JWN)に届け出と許認可が必要であるとされている。

ところが寺側の改修委員会は「文化遺産に指定されているのは寺院であって、そこに至るための階段は遺産には含まれておらず、そもそも許認可どころか届け出すら必要はないものだ」として法令違反ではない、との立場を明らかにしている。

これに対しJWN側は「文化遺産はその周囲の建物、施設、景観を含めた全体であり、当然階段もその付帯設備として届け出る対象になる」と主張。今回の無許可塗り替えは法律違反の可能性があると態度を硬化させている。

ニュース速報

ビジネス

FRB議長講演、債券市場関係者は失望 利回り上昇へ

ビジネス

午前の日経平均は大幅続落、570円安 米長期金利上

ビジネス

中国、21年成長率目標は6%以上 都市部で雇用創出

ワールド

中国、香港への外部勢力干渉を「断固阻止」 全人代で

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 5

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 8

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 9

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月