最新記事

世界遺産

文化遺産がリニューアルに失敗? マレーシアのバトゥ洞窟、極彩色にした階段に非難殺到

2018年8月30日(木)18時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)


バトゥ洞窟の階段が塗り替えられた騒動を伝える現地メディア  The Star Online / YouTube

法律違反かどうか、という問題は別にして「周囲の景観との不釣り合い」との指摘が出ていることに関して寺院の改修委員会は「今回の塗り直しはさらに観光客を引きつけることになり、それを含めた改修は信者によりよい祈りの場を提供することになる」と説明、「世論」は意に介さない方針のようだ。

マレーシアの現地メディアによると、今回の改修には寄付を含めて約610万マレーシアリンギット(約1600万円)の経費がかかっており、階段の色塗り替えは改修委員会会長の息子が出したアイデアだったことも「世論を一顧だにしない頑なな姿勢」の背景にあるのではないかとみられている。

観光誘致のロゴマークも批判で撤回

マレーシアの観光業界を巡っては、2020年までの観光誘致キャンペーンで観光促進用の公式ロゴが批判を浴びて作り直す事態に追い込まれている。(Newsweek日本語版8月15日参考)ロゴに描かれていたマレーシアを象徴する動物であるオランウータンとデングザル、亀が揃ってサングラスをかけていたのがその批判の原因だった。

今回のバトゥ洞窟の階段塗り替えもロゴ作り直しのようにマレーシアの一般市民の視点がそもそも欠如していたことも一因となっているのではないかとの指摘もある。

しかしその一方で、バトゥ洞窟は観光地ではあるが基本的にヒンドゥー教の寺院という宗教施設であり「その改修や色塗りに関係者以外が口を挟む問題ではないのではないか」との意見があるのも事実である。

地元の「スターメトロ」の報道では、以前バトゥ洞窟をユネスコの文化遺産に登録させようという運動があったものの、「現状の建造物が周囲の環境と著しく調和していない」との理由で登録を見送られた経緯があると指摘している。

newsweek_20180830181118.JPG

階段の塗り替え前のバトゥ洞窟の全景。確かに寺院の施設は周囲の自然と「著しく」調和していない。(撮影筆者)

バトゥ洞窟があるセランゴール州当局も「こちらにも階段の色塗り替えの連絡は届いていない」と「階段の色」問題には関心を示しており、政府の文化財保護局とともに「今後何が必要で、何ができるのか、寺院側の説明をよく聞いたうえで、話し合いによる解決策をみつけたい」としている。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月