最新記事

対テロ戦争

アジア大会開催直前、インドネシアは厳戒態勢 5月以降テロ容疑で283人逮捕

2018年8月9日(木)16時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

8月1日、ジャカルタ中心部ではアジア大会に向けたテロ対策の演習が行われた。 Beawiharta Beawiharta / REUTERS

<開会までカウントダウンが始まったアジア大会。国際的に注目を集めるイベントを前に、インドネシア政府は威信をかけてテロ対策に取り組んでいる>

インドネシア国家警察のティト・カルナフィアン長官は8月7日、同月18日から首都ジャカルタとスマトラ島パレンバンで開催されるアジア大会に向けてテロ対策を強化してきた成果として、今年5月に発生したスラバヤでの連続爆弾テロ事件以降、テロ容疑者283人を逮捕したことを明らかにした。

インドネシアでは5月13日午前に第二の都市スラバヤ(ジャワ島東部)で市内のキリスト教会3か所が連続爆弾テロの標的とされる事件が発生。自爆犯を含めて13人が死亡した。さらに同日夜スラバヤ近郊で爆弾が爆発して3人が死亡。翌14日にはスラバヤ市警本部でもテロが起きるなど深刻なテロの連鎖に見舞われた。いずれも中東のテロ組織「イスラム国(IS)」を信奉するインドネシアのテロ組織「ジェマ・アンシャルット・ダウラ(JAD)」のメンバーによる犯行だった。

JADの他にインドネシアには「ジェマ・アンシャルット・タヒド(JAT)」「ヌガラ・イスラム・インドネシア(NII)」などのイスラム教テロ組織の存在が知られている。

スラバヤでの連続テロ事件を深刻に受けとめた政府は、国家警察を中心に治安組織の総力を挙げてテロリストの逮捕拘束、テロ組織の壊滅、テロ事件の未然防止に取り組んできた。

その結果5月のスラバヤ連続テロ事件から約3カ月となる8月6日までに、反テロ法違反容疑などでテロ組織メンバーやその仲間など283人を逮捕したという。

アジア大会期間中のテロを警戒

インドネシアは8月18日から4年に1度開催されるアジア地域のオリンピックと言われる「アジア大会」のホスト国として大会運営に当たる。9月2日までの間日本を含めた45カ国から約15,000人が参加して、41競技465種目で金メダルをかけた選手らの熱い闘いが繰り広げられる。

大会の成功と選手らの安全のためにインドネシア政府は大会期間中に国軍兵士と警察官約4万人を動員して、警戒警備とともにテロ対策にあたるとしている。

インドネシアでは長年国会で反テロ法の改正強化案が議論されてきたが、継続審議となり採決されることはなかった。ところがスラバヤの連続爆弾テロを契機に国会での審議が急展開して進み、5月25日に改正案が可決された。

新たな改正反テロ法ではこれまで警察主体だったテロとの戦いの前面に国軍が関与できるようになったほか、これまでテロ行為につながる証拠がなければ摘発できなかったテロ事犯でも「テロ組織のメンバーである」という理由だけで拘束、逮捕が可能になった。

ティト国家警察長官は「武器の所持や具体的なテロ計画、あるいはテロに結びつく行動などの"証拠"が必要だったためにこれまで多くのケースで摘発が手遅れになりテロが起きてしまったことがある」として新法により事前検挙などでテロを未然に防ぐことが容易になったとの見方を示した。

ニュース速報

ワールド

サウジ記者死亡は「極悪な殺人」、真相解明へ=トルコ

ビジネス

イタリア、予算案修正せず 赤字増やさない方針もEU

ワールド

中米移民北上は国家の非常事態、軍などに警戒指示=米

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 10

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月