最新記事

ロシア軍事

アメリカも抜いた?ロシア製最終兵器、最新の実力

Russia's Latest Weapons: What Are They?

2018年7月23日(月)20時00分
トム・オコナー

核爆発で大都市も飲み込む津波を起こすといわれる水中ドローン「ポセイドン」 YOUTUBE

<トランプとの首脳会談では友好を演じたプーチンだが、一方では世界を破滅させかねない最新兵器を開発していた>

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とドナルド・トランプ米大統領の首脳会談が行われて3日後の19日、ロシア国防省は最新鋭の兵器を紹介するビデオを公開した。

ビデオに出てくるのはプーチンが3月の年次教書演説で開発を明らかにした複数の兵器で、なかには原子力推進式で核搭載可能な兵器や、アメリカを含む世界各国の最先端のミサイル防衛システムをかいくぐる能力があるレーザーシステムなどもある。

ビデオの中には新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「RS-28サルマト・ミサイルシステム」(西側では『サタン2』の呼び名で知られる)のテスト映像もあった。

国営タス通信によれば、ロシア国防省は声明で「(移動式発射装置を用いたミサイル)システムのテストは好成績を残して完了した。これによりRS-28の飛行テスト準備を始めることができる」と述べた。

また国防省は声明で「RS-28は予定通に生産され、戦闘配備される」と述べた。配備予定は公式には2021年とされている。

3000キロを飛ぶ「極超音速ミサイル」

プーチンは3月、RS-28について、射程距離は事実上無制限で、北極上空経由でも南極経由でも飛ばせると述べた。その際にプーチンは、フロリダと思われる場所にミサイルが着弾するシミュレーション映像を公開した。つまり、フロリダ州が丸ごと地図から消えるシナリオだ。

別のビデオでは、極超音速ミサイル「キンジャール」を搭載したミグ31K戦闘機が、長距離爆撃機Tu-22M3と合同演習を行う様子が映されていた。

「戦術的飛行演習は7月上旬に行われ、長距離飛行要員が地上や海上の標的を攻撃する訓練を行った。演習は(作戦の)計画と準備、そしてキンジャールとTu-22M3の同時運用や航空打撃群の援護を目的に行われた」と、ロシアのセルゲイ・ドロノフ空軍最高司令官(中将)は述べた(タス通信)。

ドロノフは「定められた時間内で非常に質の高い訓練ができた。搭乗員たちは合同の作戦行動に必要な技術を身につけた」と語ったという。

キンジャールの航続距離は1900キロから2900キロ超へと改良され、音速の10倍の速度で飛行できると伝えられている。また、強力な通常弾頭もしくは核弾頭を搭載し、飛行中も目標を攻撃するための誘導が可能だという。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月