最新記事

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」が撮影した小惑星「リュウグウ」

2018年6月27日(水)11時38分
鳥嶋真也

「はやぶさ2」が6月20日18時50分(日本時間)に撮影した小惑星「リュウグウ」 (C) ONCチーム : JAXA、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、会津大、産総研

小惑星「リュウグウ」を目指し、航行を続ける小惑星探査機「はやぶさ2」。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年6月21日、その「はやぶさ2」が撮影したリュウグウの最新画像を公開した。

初めて詳細な姿が明らかになったリュウグウは、まるでそろばんの珠のよう。関係者は間近に迫ったこの異星の探査に、期待をふくらませる。

徐々に明らかになるリュウグウの姿

2014年に地球から旅立った「はやぶさ2」は、約3年半にわたる宇宙航行を経て、まもなく目的地の小惑星リュウグウに到着しようとしている。

jaxa002.jpg

「はやぶさ2」の想像図 (C) JAXA

ところで、そのリュウグウがどんな姿かたちをしているのかは、これまで誰にもわからなかった。地球から遠く離れていることや、大きさが直径約1kmほどしかないこともあり、地上からは点としか見えず、せいぜいおおまかな大きさや色がわかる程度だった。

そんな場所へ探査機を送ろうというのだから、まるでSNSで知り合った、顔も本名も知らない恋人に会いに行く、いまどきの恋愛のような話である。

しかし、「はやぶさ2」が近づくにつれ、徐々にリュウグウの素顔が見えるようになってきた。6月上旬の時点ではまだわずか数ピクセルの点としか写らなかったが、お互いの距離が1000kmを切った中旬以降は、おぼろげながら形がわかるようになった。

そして6月20日はついに距離が100kmにまで接近。いよいよその詳細な姿が明らかになってきた。

jaxa003.jpg

徐々に明らかになるリュウグウの姿 (C) ONCチーム : JAXA、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、会津大、産総研

関連ワード

ニュース速報

ワールド

NY州、新型コロナの1日死者数が最多に 全米感染者

ビジネス

米雇用3月は70.1万人減、9年半ぶり減少 失業率

ワールド

OPECプラス、過去最大の減産協議 世界供給量の約

ワールド

欧州当局、米ギリアドの抗ウイルス薬を推奨 新型コロ

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 7

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    新型コロナ対策「日本式」を継続するべきか?

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月