最新記事

米朝首脳会談

交渉は無駄と悟った?──トランプが米朝首脳会談を中止した理由

2018年5月25日(金)14時36分
トム・オコナー

(3)トランプ政権内の強硬派から圧力があった

今年3月、トランプは政権をよりタカ派に向かわせる閣僚人事を行った。まずは国務長官をレックス・ティラーソンから前CIA長官のマイク・ポンペオに交替。コンドリーザ・ライス元国務長官ら多くの有識者が、ティラーソンは困難な米朝交渉の進捗に貢献していたと評価していた。またトランプは、国家安全保障担当の大統領補佐官をH・R・マクマスターからジョン・ボルトンに交替させた。ボルトンは北朝鮮に対して「リビア方式」(核開発を完全に放棄した後に制裁を解除する)の適用を主張し、米朝関係についても首脳会談がなくなれば軍事行動が取れるのに、などと言ってきた。

(4)すでに北朝鮮から十分な譲歩を勝ち取ったと思った

会談中止は、北朝鮮・北東部にある豊渓里の核実験場を爆破した直後に発表された。実験場はいまだに使用可能だという報告もあるが、金正恩は表面的には、核実験場を破壊し核実験を中止するという4月の南北首脳会談での約束を実行したことになる(長距離弾道ミサイルの発射実験を中止する、とも約束した)。核実験場が「破壊された」現在、トランプは一定の目標を達成したと感じたのかもしれない。

過去のトラウマ

(5)首脳会談をしてもアメリカが「明確な勝者」になれそうにない

トランプは4月、もし米朝首脳会談が「実りある」ものでなければ「謹んで席を立つ」つもりだと語った。公式には認めていないが、米朝双方は会談に向けていくつかの譲歩を申し出たようだ。アメリカは韓国との合同軍事演習に原子力潜水艦を投入するのを控えた。北朝鮮は核実験を停止し、豊渓里の核実験場を爆破して、拘束していたアメリカ人3人を解放した。

過去の米政権は、北朝鮮に相当の譲歩を重ねた末に核開発を放棄させるのを失敗している。金正恩が抜け目のない政治指導者だとわかった今、トランプは交渉で説得することを諦めたのかもしれない。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

焦点:コロナ禍でうごめく「マスクブローカー」、粗悪

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月