最新記事

米朝首脳会談

交渉は無駄と悟った?──トランプが米朝首脳会談を中止した理由

2018年5月25日(金)14時36分
トム・オコナー

あまりに突然の中止 5月22日にホワイトハウスで韓国の文在寅大統領(左)と会ったときにはトランプも米朝首脳会談やる気だったのに? Kevin Lamarque-REUTERS

<北朝鮮の敵対的な言動のために中止したと言っているが、このまま首脳会談をやってもアメリカが「勝者」にはなれないという判断が働いたのかも>

ドナルド・トランプ米大統領は、6月12日にシンガポールで予定されていた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談を、中止する意向を表明した。北朝鮮の直近の声明でアメリカに対する「激しい怒りとあからさまな敵意」が示されたため、とその理由について述べている。

中止表明は、北朝鮮が外国メディアの取材を入れて豊渓里(プンゲリ)の核実験場を爆破した直後のことだった。今回の爆破は、金正恩がアメリカとの非核化交渉と、韓国との統一を目指す目標に真剣に取り組む意思があることを示すものだった。米朝両国の在任中の指導者による初の会談が中止になったことで、朝鮮半島の不確かな平和は大幅に後退するかもしれない。

コリアン系アメリカ人の団体「コリアン・アメリカン評議会」のジェシカ・リー暫定事務局長は、本誌の取材に対し「外交はしばしば困難で厄介なものだ。米朝両国は落ち着いて、会談中止に過剰反応するべきではない。双方に進捗は見られるし、再び瀬戸際外交に立ち戻ることはできない。特に今後は戦争が選択肢になりかねない」と話している。

トランプが会談中止を決めた背景には、以下の5つの理由が考えられる。

核と核の決戦に

(1)北朝鮮がペンス副大統領を侮辱した

5月21日に放送されたFOXニュースのインタビューで、マイク・ペンス米副大統領は「金正恩がトランプ大統領を手玉に取れると考えているなら大きな間違いだ」と語り、もし金正恩が核兵器を放棄しないならリビアの最高指導者カダフィ大佐と同じ運命をたどるだろうと警告した(カダフィ大佐は、2003年に核開発を放棄したが、米英仏などの支援を受けた反体制勢力によって2011年に政権は崩壊し、殺害された)。朝鮮中央通信は24日、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の声明として、ペンスが「無知でばかげている」「政治家としてダミー(まぬけ)」だと激しい言葉で罵った。

(2)北朝鮮が核兵器使用をちらつかせた

崔外務次官は同じ声明で、和平交渉が進まなければ唯一の選択肢は「核と核の決戦」になると脅しをかけた。北朝鮮は、自国の核開発の目的は自衛に限られ、米軍の侵攻を抑止するためだと常に主張してきた。2017年以降のトランプと金正恩の非難の応酬では、双方からの核攻撃の脅しもあったが、会談直前の北朝鮮の言動にトランプ政権は我慢ならなかったのかもしれない。

ニュース速報

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

ワールド

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月