最新記事

ルワンダ虐殺

ルワンダ現政権は虐殺の加害者だった──新著が明かす殺戮と繁栄の方程式

2018年5月9日(水)17時40分
米川正子(立教大学特定課題研究員、コンゴの性暴力と紛争を考える会の代表)

死者80万人ともいわれるルワンダ虐殺の犠牲者たち(ルワンダのキガリ虐殺センター)Noor Khamis-REUTERS

<多数派フツが少数派ツチを虐殺したという通説は誤りだった。フツとツチは双方向で虐殺し合ったのだ(「ダブル・ジェノサイド」)。「救世主」とされてきた現政権も殺戮に手を染めていた>

近年、「開発モデル」「ジェノサイドを乗り越えた成功国」として国際社会からもてはやされているルワンダ。そのルワンダの実態を暴露し、世界の同国関係者の間で話題を呼んでいる本を紹介したい。

In Praise of Blood: Crimes by the Rwandan Patriotic Front(Random House Canada, 2018年、277頁)。カナダ人ジャーナリスト、ジュディ・レバー(Judi Rever)が命を懸け、そして私生活を犠牲にしてまで、約20年の取材をまとめたものだ。

1994年のルワンダ・ジェノサイドの通説は「多数派フツが少数派ツチを虐殺した」とし、ルワンダ現政権のルワンダ愛国戦線(RPF)は「ジェノサイドを止めた救済者」とされている。が、著者の調査によって、下記の事が明らかになった。

1)フツがツチを、ツチがフツをと、双方向で虐殺が展開された。

2)RPF、とりわけ、RPFのリーダーであるポール・カガメ氏(現ルワンダ大統領)の目標は、フツを政治的・軍事的権力の座から降ろし、ツチのリーダーと置き換えることだった。

yonekawa180509-2.jpg
「救済者」とされ国際社会でも尊敬を集めてきたルワンダのカガメ大統領 Noor Khamis-REUTERS

3)RPFが関与した3つの重大な罪(1990~1994年のルワンダ内戦中の市民の殺戮、ジェノサイド勃発の引き金となった1994年4月6日に起きたハビャリマナ大統領の専用機の撃墜、そしてジェノサイド中の大量殺戮)は極めて残酷かつ巧みな方法で実行され、RPFにとって都合の悪い情報が隠され、操作された。

つまり、ジェノサイドが発生した原因は、映画『ホテル・ルワンダ』等が描いた「民族対立」が主というより、「政治的な道具」としてジェノサイドが使われたことにあった。

あれは「ダブル・ジェノサイド」だった

我々が教えられてきたルワンダのジェノサイドの一般像より一層複雑で、マスメディアや研究者などによってどれだけ洗脳されてきたかがわかる。

世界有数のルワンダ研究者であるフィリップ・レインチェンス氏は本書の出版直後の2018年3月23日に下記のツイッターを流し、注目を浴びている。

(RPFは人道に対する罪と戦争犯罪を犯したのではないかと長年疑ってきたが、本書によってそれが事実だということが明らかになった。つまり、ダブル・ジェノサイドが起こっていたことになる)


「ダブル・ジェノサイド」とは、旧政権とRPFの両方がジェノサイドに関与したことを意味する。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月