最新記事

インド

サルにさらわれた赤ん坊、井戸で見つかる

Newborn Snatched By Monkey Found Dead Inside Well

2018年4月3日(火)16時02分
プリサ・ポール

事件のあった村では、住民がサルに襲われる事件が続いていた Carlos Jasso-REUTERS

<生後わずか15日の赤ちゃんは、サルと人間の縄張り争いの犠牲になったのか>

インド東部のオリッサ州カタック県で3月31日、生後2週間の男児が消えた。サルにさらわれたとみられている。地元当局が捜索したが、事件発生から24時間後、赤ちゃんは自宅近くの井戸から遺体で発見された。

事件が起きたのは、午前6時前後。赤ちゃんは、タラバスタ村の自宅で母親と寝ていたところを、サルに連れ去られたという。

インドの日刊紙インディアン・エクスプレスによれば、赤ちゃんの叔母に当たるラージナンディニ・ナヤックは取材にこう話している。「サルは、蚊帳の中にいた赤ちゃんを連れ去った。母親は驚いて声を上げたが、サルは家の屋根を跳び越えて視界から消えた」

警察の要請を受けて、森林局員や消防隊員が現場に駆けつけ、大規模な捜索活動が開始された。住民と共に村の近くの森林にローラー作戦をかけて赤ちゃんを探した。

ダマパダ森林警備隊が率いる森林局の捜索隊は、3つに分かれて森を探した。だが、赤ちゃんが抱えていたある事情で、捜索は困難を極めた。

生まれつきの障害も災い

「さらわれた赤ちゃんには声を上げられない障害がある。泣き声を頼りに探すこともできない」と、森林局の職員は、ビジネス・スタンダード紙に説明した。

この赤ちゃんは生まれた時から泣き声を上げることができず、そのため小児科病院に入院していた。家族が待つ家に帰されたのは、事件が起きるわずか3日前だったという。

捜索にあたった森林局の職員たちは、家とその付近も探したが、この時は井戸でも何も見つからなかった。

結局、井戸に落ちた遺体を発見したのは、赤ちゃんの叔母だった。井戸で見つかった経緯については警察が捜査中だが、井戸はふだん、ふたをされていたという。

赤ちゃんの父親、ラーマクリシュナ・ナヤックは、「息子はサルが手を離したせいで落ちたのかもしれない」との見方を示している。

バンキ警察署の捜査官、ビスワランヤン・サフーは、「サルは、現場を去った直後に、誤って赤ちゃんを井戸に落とした可能性が高い」と、日刊紙ヒンドスタン・タイムズに語った。

赤ちゃんの遺体は検視のため、地元の病院に預けられている。

ニュース速報

ワールド

首脳会談実現へ北朝鮮と「有益な協議」行っている=ト

ワールド

ロシア大統領、2024年の任期切れに伴い退任する意

ビジネス

アングル:中国が約束した米国製品輸入増、ボトルネッ

ワールド

焦点:まひ状態のWTO裁定機能、トランプ氏が「首固

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    交渉は無駄と悟った?──トランプが米朝首脳会談を中止した理由

  • 4

    米朝会談キャンセルで、得をしたのは中国を味方に付…

  • 5

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 10

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 1

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 8

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 9

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 10

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 1

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 6

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 7

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月