最新記事

韓国事情

就職難の韓国、人手不足の日本──日本での就職を後押しする韓国政府 

2018年3月27日(火)15時00分
佐々木和義

韓国の若者はかつてない就職難に見舞われている Kim Hong-Ji-REUTERS

<就職難の韓国と求人難の日本の財界が協調し、日本で就職する韓国人がはじめて2万人を超えている>

韓国の若者はかつてない就職難に見舞われている。「災難」とも表現されるレベルで、その対策として韓国産業人力公団や韓国貿易協会、雇用労働部など韓国の政府機関が日本の人材紹介会社と協力して、韓国の若者の日本就職を推進。2017年には就業ビザを得て日本で就職した韓国人は、はじめて2万人を超え2万188人に達している。

2月の韓国の失業率は4.6%で前年2月の4.9%をわずかに下回り、15歳から29歳の公式な青年失業率も9.8%で前年第4四半期を下回った。しかし、2月に受付が行われた9級公務員試験の受験者が失業者から除外されていることから、就職準備者や就職断念者を含む実質的な失業率はより高いとみられている。

日本での就職が注目されている

韓国内での就職は困難とみて、海外に目を向ける若者が増えており、なかでも日本の就職が注目されている。韓国から近く、質の良い仕事が多いことに加え、外国人を受け入れる環境にあるからだ。

日本の2018年1月の有効求人倍率は1.59倍で、失業率は自然失業率3%を下回る2.4%となっている。海外事業の拡大と人口減少などが重なって、経済界は日本人だけで需要を満たすことは難しいとみる。

日本の就職を支援する「日本海外就業戦略説明会」が2018年3月23日にソウルのCOEXで開催されたが、3回目となる今回はおよそ800人の参加申し込みがあり、関心の高さがうかがわれた。

日本大使館の羽鳥公使が日本の若者の雇用状況について講演し、続いてマイナビコリア代表の金保庚(キム・ボギョン)氏が自身の日本での就職経験や日本企業の雇用事情などを説明。日本企業への就職経験者が、韓国と比べて資格等のスペックより、やる気や潜在能力を重要視する日本企業の特徴を紹介した。

求人難の日本と就職難の韓国の財界が協調

日本の経団連と韓国の全国経済人連合会は、2017年10月20日に東京で開催した「第27回日韓財界会議」で、日本の求人難と韓国の青年求職問題の解決を目指し、両団体が共同で事業を推進するとしている。

8月には大韓貿易投資振興公社(KOTRA)とパソナグループが東京で面接会を実施し、今年5月には雇用労働部が日本企業への就職を想定した海外就職面接会をソウルで主催する。

2018年3月15日、日本の省庁に相当する複数の部で構成された雇用委員会は、若者の中小企業への就職支援や起業支援と合わせて「海外地域専門家養成方策」を公表した。2022年までに日本やASEANなど、合わせて1万8000人の海外就業を支援する内容で、なかでも日本の就職支援が中心となっている。

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    次の戦争では中・ロに勝てないと、米連邦機関が警告

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月