最新記事

戦争の物語

歴史問題はなぜ解決しないか(コロンビア大学特別講義・前編)

2018年3月13日(火)17時05分
ニューズウィーク日本版編集部

magSR180313main1-2.jpg

トム(アメリカ人)「真珠湾攻撃で思い浮かべるのはアメリカが参戦したきっかけだということ。小学校4年生のときに教科書で習ったと正確に記憶している」 Photograph by Q. Sakamaki for Newsweek Japan

【ジャジャ】 観光地化している記念館。

【グラック教授】 (パールハーバーのUSSアリゾナ記念館に)行ったことがありますか?

【ジャジャ】 はい。

【グラック教授】 この中で、行ったことがある方はどれくらいいますか?(4人が手を挙げる)ここまでが最初の質問でした。2つ目の質問は、「その印象は、どこから来たのか」です。どこから、「日本による攻撃」という印象を得たのですか。(再び、同じ順番で学生たちが回答していく)


【ユウコ】 歴史の教科書です。

【グラック教授】 何年生のときですか。

【ユウコ】 小学校5年生くらいのときでしょうか。

【ニック】 高校生のときに基礎的なことを学び、大学生のときに日本史を専攻して歴史書から深く学びました。あとは、米軍に入隊していたので、そこで第二次世界大戦について勉強しました。特に、諜報活動の失態について。

【グラック教授】 それで、諜報活動を連想したのですね。学校の歴史の教科書にはあまり書かれないことです。いつ米軍にいたのですか。

【ニック】 07年から15 年までです。

【グラック教授】 次は、「ベン・アフレック」。これはどこから来たのか分かります。映画ですよね。

【トニー】 そうです、映画から連想しました。でも最初に真珠湾攻撃について知ったのは、9年生のときの「アメリカ政府」という授業です。

【グラック教授】 9年生のときに「アメリカ政府」の授業? それはどこで学んだのですか。

【トニー】 フロリダ州のタンパです。

【グラック教授】 「アメリカ政府」の授業で、パールハーバーにどう言及されたのですか。

【トニー】 正確には覚えていません。9年生の頃のことなので......。

【グラック教授】 分かりました。よく覚えていない、ということ自体も重要ですね。では、次。「アメリカが第二次世界大戦に参戦したきっかけ」というのはどこから?

【トム】 小学校の教科書です。小学4年生のときだと、正確に記憶しています。

【グラック教授】 本当に? どこで育ったのですか。

【トム】 (カリフォルニア州)サンフランシスコの近くです。

【グラック教授】 なるほど。知らない人もいるかもしれませんが、アメリカでは教科書や学校のカリキュラムというのは州ごとに決められていて、それぞれ異なっています。カリフォルニア州のカリキュラムは、他の州とは大きく違います。これはアメリカ独特の現象ですね。ほとんどの国には、国が定めた教科書というのがありますから。では次、「多くの犠牲者」と答えたミシェル?

【ミシェル】 私の母からです。祖父は米海軍でホノルルに配置されていました。

【グラック教授】 おじいさんは犠牲になったのですか?

【ミシェル】 いえ、祖父は犠牲にはなりませんでした。

【グラック教授】 そうですか。私はちょうど今日、アイルランド出身の同僚からこんな話を聞きました。彼女はパールハーバーに思い入れがあると。彼女の父親がアイルランドの陸軍に所属していて、パールハーバーがあったために故郷に戻ることになり、そこで彼女の母親に出会ったから、だそうです。アイルランドは中立国だったのですが、彼女の話はあなたと同じように、家族のストーリーですね。家族として接点があるのですね。では、次に「ベン・アフレック」と答えたスティーブン?

映画のほかに、どこかで聞いていませんでしたか?

【スティーブン】 実は、その映画で初めてパールハーバーの話を知りました。高校生のときで、数人でその映画をレンタルして見ました。

【グラック教授】 どこでですか?

【スティーブン】 バンクーバーです。

【グラック教授】 カナダ人なのですね。

【スティーブン】 はい、そうです。

【グラック教授】 なるほど。こういったバックグラウンドは、話をする上でそれぞれに違いを生んでいくでしょう。では、次?

【ヒョンスー】 (ハワイの日本人コミュニティーという印象は)ハワイで博物館研究をしていた日本人の人類学者との出会いから来ています。その方には、学部時代、東京大学に交換留学していたときに会いました。

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、8月以降の協調減産縮小で合意

ビジネス

米鉱工業生産、6月は製造業指数が73年ぶり大幅伸び

ワールド

米朝協議、トランプ氏は進展ある場合のみ対応=国務長

ビジネス

米、コロナ制御に失敗 経済の不確実性高い=連銀総裁

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月