最新記事

人体

「パートナーに手を握ってもらうと、痛みが和らぐ」

2018年3月7日(水)17時20分
松岡由希子

パートナーの手を握ると、脳波がより同期して痛みが消えていく PeopleImages-iStock

<「肉体的な痛みのあるパートナーの手を握ると、脳波がより同期して痛みが消えていく」という研究論文を発表された>

恋人やパートナーに手を握ってもらうと、愛情を感じたり、安心感を覚えたりするものだが、このような精神的な作用にとどまらず、肉体的な痛みを和らげる効果もあるようだ。

アメリカのコロラド大学ボルダー校とイスラエルのハイファ大学の研究プロジェクトは、学術雑誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」において、「肉体的な痛みのあるパートナーの手を握ると、呼吸や心拍数だけでなく、脳波が同期し、パートナーに感情移入するほど、脳波がより同期して、パートナーの痛みが消えていく」という研究論文を発表した。

妻が娘を出産する際の経験から着想した

この研究プロジェクトは、研究論文の筆頭著者であるコロラド大学ボルダー校の研究員パベル・ゴールドスタイン氏の経験から着想したもの。

妻が娘を出産する際、ゴールドスタイン氏が妻の手を握ると、陣痛が和らいだという。そこで、ゴールドスタイン氏は、「触れることで、本当に痛みが和らぐのか。もしそうだとすれば、どのような仕組みによるものなのか」をテーマに、研究活動に着手した。

研究プロジェクトでは、交際開始から1年以上が経過した23歳から32歳までの異性カップル22組を対象に実験を行った。

相手に触れずに並んで座る、手を握りながら並んで座る、別々の部屋に分かれるというそれぞれのパターンにおいて脳波用電極キャップで被験者の脳波活動を測定し、さらに、女性の腕に低刺激の熱の痛みを与えた上で、同じパターンを繰り返し、同様に脳波を測定した。

感情移入により脳波活動が同期し、痛みが和らぐ

その結果、触れているかどうかを問わず、カップルが一緒にいると、集中力に関連するアルファ波において脳波が同期したが、とりわけ、女性に痛みがある間に男性が手を握ると、その同期は最も高くなった。また、男性が女性の痛みに対して感情移入するレベルが高いと、脳波活動はより同期し、これによって、痛みがより和らぐことがわかった。

ゴールドスタイン氏は、「感情移入による脳波活動の同期によって、どのように痛みが止まるのかについては、さらなる研究が必要だ」としながらも、「感情移入しながら触れてもらうことによって、自分は相手に理解されているのだと感じ、鎮痛のメカニズムが脳内で作動するからではないか」との仮説を示している。

また、この研究結果と同様の効果が、同性カップルや他の関係性においても認められるのかについても、今後の研究が待たれる。

このように、まだ明らかになっていないポイントはいくつかあるものの、その痛みに心をよせ、手を握ることで、大切な人を癒す効果が少なからずあるようだ。

ニュース速報

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

ビジネス

焦点:米ネット通販の税徴収可能に、リアルへの恩恵は

ビジネス

ダウ反発、OPEC小幅増産決定でエネルギー株が高い

ビジネス

ユーロ急伸、指標やイタリアの残留方針強調受け=NY

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 2

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    高級ミニバン決戦 エルグランドvs.アルファード・ヴ…

  • 8

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    アジア駐在の欧米特派員はセクハラ男だらけ

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月