最新記事

人体

「パートナーに手を握ってもらうと、痛みが和らぐ」

2018年3月7日(水)17時20分
松岡由希子

パートナーの手を握ると、脳波がより同期して痛みが消えていく PeopleImages-iStock

<「肉体的な痛みのあるパートナーの手を握ると、脳波がより同期して痛みが消えていく」という研究論文を発表された>

恋人やパートナーに手を握ってもらうと、愛情を感じたり、安心感を覚えたりするものだが、このような精神的な作用にとどまらず、肉体的な痛みを和らげる効果もあるようだ。

アメリカのコロラド大学ボルダー校とイスラエルのハイファ大学の研究プロジェクトは、学術雑誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」において、「肉体的な痛みのあるパートナーの手を握ると、呼吸や心拍数だけでなく、脳波が同期し、パートナーに感情移入するほど、脳波がより同期して、パートナーの痛みが消えていく」という研究論文を発表した。

妻が娘を出産する際の経験から着想した

この研究プロジェクトは、研究論文の筆頭著者であるコロラド大学ボルダー校の研究員パベル・ゴールドスタイン氏の経験から着想したもの。

妻が娘を出産する際、ゴールドスタイン氏が妻の手を握ると、陣痛が和らいだという。そこで、ゴールドスタイン氏は、「触れることで、本当に痛みが和らぐのか。もしそうだとすれば、どのような仕組みによるものなのか」をテーマに、研究活動に着手した。

研究プロジェクトでは、交際開始から1年以上が経過した23歳から32歳までの異性カップル22組を対象に実験を行った。

相手に触れずに並んで座る、手を握りながら並んで座る、別々の部屋に分かれるというそれぞれのパターンにおいて脳波用電極キャップで被験者の脳波活動を測定し、さらに、女性の腕に低刺激の熱の痛みを与えた上で、同じパターンを繰り返し、同様に脳波を測定した。

感情移入により脳波活動が同期し、痛みが和らぐ

その結果、触れているかどうかを問わず、カップルが一緒にいると、集中力に関連するアルファ波において脳波が同期したが、とりわけ、女性に痛みがある間に男性が手を握ると、その同期は最も高くなった。また、男性が女性の痛みに対して感情移入するレベルが高いと、脳波活動はより同期し、これによって、痛みがより和らぐことがわかった。

ゴールドスタイン氏は、「感情移入による脳波活動の同期によって、どのように痛みが止まるのかについては、さらなる研究が必要だ」としながらも、「感情移入しながら触れてもらうことによって、自分は相手に理解されているのだと感じ、鎮痛のメカニズムが脳内で作動するからではないか」との仮説を示している。

また、この研究結果と同様の効果が、同性カップルや他の関係性においても認められるのかについても、今後の研究が待たれる。

このように、まだ明らかになっていないポイントはいくつかあるものの、その痛みに心をよせ、手を握ることで、大切な人を癒す効果が少なからずあるようだ。

ニュース速報

ビジネス

アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導

ビジネス

焦点:米国、日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非

ワールド

焦点:米関税免除の代償に苦しむ韓国鉄鋼界、日本と明

ワールド

米司法副長官、トランプ大統領の解任発動提案 秘密録

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせない」

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 6

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 7

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 8

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 8

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 9

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月