最新記事

マリファナ

医療大麻の新時代到来か 「大麻先進国」カナダ企業が薬品開発を加速

2018年3月1日(木)15時40分

カナダは2015年、より先進的な医薬品の基礎となり得る大麻成分の分離を認め、カンナビノイド抽出物の販売を許可することで、本格的な医学研究に道を開いた。

政府が昨年、嗜好用大麻を合法化する法案を提出して以降、研究と投資のペースが急速化。カナダの大麻企業による株売り出しは昨年、10億ドル近くと3倍に増えた。

キャノピー・ヘルスは昨年、他の機関や研究者らと治験を行うため1600万カナダドル(約13億円)の資金調達を行ったと、同社のウェインCEOは語った。同社は睡眠改善薬の特許27件を申請しており、現在は不安神経症治療薬の開発に取り組んでいる。2020年ごろまでに政府から最初の承認を得る見通しだ。

時価総額53億カナダドルの上場企業であるキャノピー・グロースは、未上場のキャノピー・ヘルス株の46%を保有している。

キャノピー・ヘルスのライバル企業の1つ、カニメッド・セラピューティクスは先月、オーロラ・カンナビスによる買収に合意。これによりオーロラ・カンナビスの時価総額は60億カナダドルに膨らみ、世界最大の大麻企業となる。

カニメッドは、モントリオールにあるマギル大学やマニトバ大学といった大学機関と提携し、多発性硬化症や変形性関節症、小児てんかんの治療薬を研究している。

「(他国企業に比べて)自由に活動でき、現在では資金も十分なため、カナダ企業は業界をリードしている」とカニメッドのブレント・ゼトルCEOはロイターとのインタビューで語った。

医師と保険会社を説得

吐き気の改善や緑内障の治療など、医療大麻は長年にわたり使用されてきたが、医療業界にその医学的価値を納得させるような研究はあまり存在しない。

大麻は通常、患者が自ら求めた場合に処方されるだけだ。また、「医療用大麻が嗜好用としてよく使われる」ことは公然の秘密となっている。

「実際のところ、医療用大麻の世界は患者主導で動いている」と、医師の資格を持つエメラルド・ヘルス・セラピューティクスのアブター・ディロン経営執行役会長は説明。「エビデンスを欲しがる医師の気持ちは分かる」と語った。

エメラルドはまもなく、大麻の成分を使用した鎮痛剤について、人を使った臨床試験を開始するとディロン会長は明らかにした。

カナダで医療用大麻をカバーする保険は、スーパー最大手ロブローの従業員保険や復員軍人省、保険会社サン・ライフ・ファイナンシャルなどほんのわずかしかない。

「この植物について学ばなければならないことがたくさんある。研究はその医学的効果を数値化し、立証するのに大いに貢献する」と、カナダPIファイナンシャルで中小の成長企業を担当するリサーチアナリスト、ジェイソン・ザンドバーグ氏は言う。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米が露国家主義団体をテロ組織に指定、白人至上主義系

ワールド

新型コロナ、中国本土の新規感染者が32人に減少 全

ワールド

新型コロナ、子どもの感染では20%が入院必要に=米

ワールド

米有力議員、新型コロナ対応に必要な輸入品巡りITC

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 8

    安倍首相、7日に緊急事態宣言・8日発効で調整 首都圏…

  • 9

    新型コロナウイルス感染爆発で顕在化 「習近平vs.中…

  • 10

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月