最新記事

セクハラ

韓国に吹き荒れる「Me Too」 私も危なかった

2018年3月2日(金)19時43分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

筆者自身も、今思えば#MeTooと告発する被害者だったと思われるセクハラを受けたことがある。もう10年以上も前、2006年の話だが、ある映画作品の撮影現場で仕事をしていた。ある日雨で撮影がキャンセルになり、出演している中年俳優にランチに誘われたため数人で高級日本料理店に行った。雨が強くなったので駅まで送ってくれるというその俳優の車に乗ったものの、その後車は駅に向かわずラブホテルの駐車場に入ったのだ。すぐに車から降りて駐車場から逃げたが、彼は後を追いかけてきて10万ウォンの小切手を握らされた。

その後も撮影は残っており、そのたびに現場で顔を合わさないように、絶対に二人きりにならないように気を使ったのは言うまでもない。その時、車の中でその俳優が言った言葉は衝撃的でよく覚えている。「このままホテルに行ったら外国人タレントとしてデビューさせることもできる......」映画出演に全く興味がなかったし、そもそも女優やタレントになるために韓国まで来て頑張っていたわけでもないのに、そう言えば口説き落とせると思われた自分が悔しかった。また、撮影現場では「韓国映画は男性主演の映画が多い。女性の出番が少ないから残り少ない配役を求めて、出演するためなら女優は何でもする」と、枕営業を仄めかす言葉を聞いたこともあった。

海外では映画祭などでMe Tooを支持するブラックドレスを着る運動が起こっているが、今年、釜山国際映画祭など韓国の映画祭のレッドカーペットでもブラックドレスは見られるのだろうか? 
熱しやすく冷めやすい韓国人気質ではあるが、この運動が続くことで、セクハラ被害を訴えることが可能な社会になり、また多くの女性や男性の被害者が少しでも減るようになればと思う。

そしてこれを機に韓国、そして日本を含めたアジアのエンターテインメント業界が意識改革を進めることを強く望んでやまない。

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月