最新記事

動物

巨体キタシロサイ最後のオス「スーダン」重体

Last male northern white rhino nearing death

2018年3月5日(月)18時20分
イワン・パーマー

ケニアのオルペジェタ自然保護区で餌をもらうキタシロサイの雄「スーダン」(2015年) Baz Ratner-REUTERS

<世界で最後の1頭となったオスのキタシロサイの健康状態が悪化し、いよいよ種の絶滅が近づいたとして関係者が胸を痛めている>

世界に3頭しかいないキタシロサイのうち唯一のオスである「スーダン」は、右の後ろ足が2度目の感染症にかかって重体だ。メス2頭とともに暮らすケニアのオルペジェタ自然保護区によれば、45歳のスーダンは「苦しそうな様子で、先行きは明るくない」という。

スーダンは昨年、米デートアプリ大手ティンダーに「世界で最も結婚相手にふさわしい独身男性」として登録され注目を集めた。キタシロサイの人工繁殖のため、ティンダーとオルペジェタ自然保護区が合同で行った資金集めの一環だった。

rihno170305-2.jpg
Ol Pejeta Conservancy/Facebook

オルペジェタ自然保護区は声明で言った。「2017年の暮れ、スーダンの右の後ろ足が、老化に伴う感染症にかかった。当時は世界中から集まった獣医師のチームが直ちに診断し、治療後の経過も良好で、症状はすぐに回復に向かった」

「1月から2月中旬にかけて、スーダンは普段通りに動き、餌も採れるようになった。活動量も表情も目に見えて改善した」

「最近、最初の感染部の下に、もっと深刻な感染症が見つかった。獣医師チームが24時間体制で手当てし、最善を尽くしているが、前回より回復が遅い」


(スーダンと世話をする人間たちのドキュメンタリー映画『最後に生き残ったオス』(製作中)が、未来に残るキタシロサイの唯一の記憶になってしまうのか)


無駄に苦しませたくない

「スーダンのことがとても心配だ。サイとしては非常に高齢だし、無駄に苦しませたくもない」

スーダンは重体に陥る前から、2頭のメス ── 「ナジン」とナジンの子「ファトゥ」── との間で子孫を残すのはほぼ不可能と見られていた。米科学ウェブサイト、ライブ・サイエンスは2015年3月、スーダンは精子の数が極度に少ないため自然な受精は極めて困難だと伝えていた。

オルペジェタ自然保護区は今も、体外受精を含む様々な技術を使った繁殖の可能性に望みをつないでいる。

今生存する3頭のキタシロサイは2009年、チェコの動物園からケニアの自然保護区に引き取られた。もう一匹のオスが2014年に死亡して以降、スーダンは世界で最後のオスになった。

サイの国際保護団体「セーブ・ザ・ライノ(サイを救え)」によれば、キタシロサイはかつて、ウガンダやチャド、コンゴ民主共和国など、アフリカ中央部の広範囲に生息していた。頭数が減少に転じたのは、植民地時代に広まった狩猟で大量殺戮されたり、大陸の都市化に伴って生息環境が変化したりしたせいだ。

密猟の横行もあって1970~1980年代に頭数が急減し、キタシロサイはアフリカ中央部の広範囲で絶滅寸前になった。コンゴ民主共和国やスーダンで起きた内戦も、頭数の急減に拍車をかけた。

<追記>
この記事の後、3月4日にオルペジェタ自然保護区のフェイスブックページが更新された。スーダンが起き上がり、静かに草を食べ始めたという。


(スーダンは「まだ生きる意志を失っておらず、戦わずに死ぬつもりもない」)

(翻訳:河原里香)

ニュース速報

ビジネス

豪中銀、当面は金利据え置きへ=ロウ総裁

ワールド

原油先物に売り、WTIは7週連続下落へ

ワールド

伊政府、橋崩落事故で運営会社の調査開始 罰金科す可

ビジネス

トランプ米大統領がドル高評価、「経済は堅調」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 3

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 7

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 8

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月