最新記事

トランプ暴露本 政権崩壊の序章

暴露本『炎と怒り』が明かすトランプ政権の深層

10 New Takeaways

2018年2月13日(火)18時00分
アレクサンダー・ナザリアン(本誌シニアライター)

バノン(写真左)とクシュナー(同右)の確執やスパイサーの本音も暴露 Kevin Lamarque-REUTERS

<トランプと保守派メディアの太いパイプや広報対応のずさんさが明らかに>

ドナルド・トランプの大統領就任の裏で大きな役割を果たしたのが、テレビ局のFOXニュースやオンラインメディア「ブライトバート」といった右派メディアだ。彼らはトランプを大統領にふさわしい人物と持ち上げ、共和党の既存の政治家に取って代われる存在だというイメージをつくり上げた。

マイケル・ウルフの新著『炎と怒り』にも、トランプと保守派メディアの蜜月ぶりや政権の広報部門の裏側が赤裸々に描かれている。暴露された10の「事実」を紹介すると......。

【1】ロジャー・エールズはFOXニュースのCEOとして米政界に多大な影響力を持ち、大統領選でトランプの助言役も務めた人物。16年にセクハラ疑惑で同社を去ったが、トランプの右腕だったスティーブ・バノン大統領首席戦略官・上級顧問(当時)に接近。新たな保守系テレビ局を立ち上げてFOXの有名キャスターらを引き抜く構想について相談していたという。

「(FOXの看板キャスター)ビル・オライリーと(トーク番組の人気司会者)ショーン・ハニティが加われば、近い将来、トランプに刺激された右派の情熱と主導権による新時代が訪れ、大きなテレビ利権が生まれる可能性があった」と、ウルフは書いている。

【2】そのエールズは「トランプが自分の悪口ばかり言っている」という報道に傷つき、トランプと仲たがいしていたと、ウルフは指摘する。エールズは「最高の忠誠心を求める男ほど他人への忠誠心が薄いものだ」と不満を漏らしていたという。エールズは昨年5月、77歳で亡くなった。

【3】トランプは何かにつけてニューヨーク・タイムズ(NYT)やCNNといった大手メディアを批判するが、その一方で主要メディアが自分についてどう報じるか常に気にしていたという。「大統領の会話のかなりの部分は、キャスターや司会者が彼について言ったことの繰り返しだ」と、ウルフは書く。毎日何時間もテレビを見ているという報道について、トランプは否定しているが。

【4】ウルフに言わせればトランプは典型的な女性差別主義者だが、職場では女性を信頼している。女性のほうが男性よりも忠誠心が強く、信頼が置けるからだという。ただし女性はセクハラを我慢しない限り、トランプと一緒に働くことはできなそうだが。

【5】テレビカメラの前で激しい言葉でトランプを擁護する姿が印象的なケリーアン・コンウェイ上級顧問。だがプライベートでは、大統領をこき下ろす発言を連発しているようだ。「彼女はトランプをひどい誇張ばかりのばかげた人物と見なしているようだ。彼女は大統領に対する自身の考えをさまざまな表情を駆使して伝えている。軽蔑のまなざしを向けたり、口をポカンと開けたり、頭を振ったり」

ニュース速報

ワールド

原油先物は小幅上昇、中国が通商協議で米国に代表団派

ワールド

カンボジア下院選、与党が全議席獲得 野党弾圧で海外

ビジネス

トヨタ、中国で生産能力12万台拡張を計画 販売拡大

ワールド

中国商務次官、通商協議のため8月末に訪米=中国商務

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月