最新記事

健康

熱々のお茶は要注意 飲み方によって食道がんのリスクを5倍に

2018年2月19日(月)17時30分
松丸さとみ

お茶の飲み方によって、食道がんのリスクを5倍に kupicoo-iStock

<お茶の飲み方によっては、食道がんのリスクを5倍にも上げてしまう可能性が分かった。ポイントは、「飲む温度」と「お酒」、「たばこ」だ>

中国で45万人以上を9年間追跡して研究

お茶というと一般的に、「体にいい飲み物」というイメージが強い。英国がん研究所(Cancer Research UK)も、緑茶や中国茶ががんに効くという証拠はない、としながらも、がんのリスク低減につながる可能性があるとして緑茶(中国茶)のページを設けているほどだ。

しかしこのほど発表された研究により、お茶の飲み方によっては、食道がんのリスクを5倍にも上げてしまう可能性が分かった。ポイントは、「飲む温度」と「お酒」、「たばこ」だ。

中国の北京大学公共衛生学院の研究チームが実施。中国の10の地域で30〜79歳の参加者45万6155人を9年間にわたって追跡した。研究結果は、医学誌アナルズ・オブ・インターナル・メディシンに発表されている。

食道がんのリスク要因として熱いお茶が過去に挙げられたことがあるが、その関連性について一貫した観察がなされたことがなかったこと、そしてアルコールやたばことの関連性が評価されたこともなかったことが、今回の研究の背景だと研究チームは説明している。

調査開始前にすでにがんがあった人や、調査期間中にお茶の消費量を減らした人は、結果から除外された。調査の初めに、研究の参加者には通常自分がお茶を飲む時の温度やライフスタイルを報告してもらった。追跡期間終了時には、1731件の食道がんが報告されたという。

熱いお茶+お酒でリスクは5倍に

結果として研究チームは、熱いお茶が食道がんのリスクを高めるのは、過剰なアルコールまたはたばこと組み合わされる時である、と結論づけている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

独VWとSAIC、約6億ドル投じ上海工場刷新へ ア

ワールド

韓国、環境分野で雇用創出 950億ドル投資へ

ワールド

米のコミットメント支持=南シナ海巡る中国主張は違法

ビジネス

スウォッチグループ、上期は初の赤字転落 業績回復を

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    GoToキャンペーン「感染防止に注意し活用を」菅官房長…

  • 7

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免…

  • 8

    なぜテレワークは日本で普及しなかったのか?──経済、…

  • 9

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 10

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 10

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月