最新記事

環境

ロンドンの汚れた霧が弱者をむしばむ

2018年1月15日(月)12時00分
シドニー・ペレイラ

ロンドン名物の霧が胎児や高齢者の健康を脅かしているとの研究報告が Dan Kitwood/GETTY IMAGES

<排ガスなどによるロンドンの大気汚染が胎児と高齢者を直撃する>

大気汚染は健康に悪いという報告が相次いでいる。最近も新たに2つの研究により、車の排ガスなどによる大気汚染が最も弱い立場の人々の健康に悪影響を及ぼしている実態が明らかになった。胎児と高齢者だ。

ロンドン大学インペリアル・カレッジの統計疫学者レイチェル・スミスらは、女性が妊娠中に汚染された空気を吸うと低体重児が生まれるリスクが高まることを突き止めた。

スミスらは大ロンドン圏の出生登録データから06~10年に生まれた子供約54万人を抽出。排ガスなどに含まれる二酸化窒素(NO2)、窒素酸化物(NOx)、有害な微小粒子状物質PM2.5といった汚染物質の平均量と妊婦の居住地のデータを付き合わせた。その結果、母体が大気汚染物質にさらされた場合、出生時低体重は2~6%、胎児発育不全は1~3%増加していた。

スミスによれば、この結果は「ロンドンの道路交通による大気汚染が胎児の発育に悪影響を及ぼしている可能性を示唆している」。PM2.5による大気汚染を10%減らせば、低体重児の出生数を3%減らせるという。

同じくロンドンで実施された別の研究では、特に高齢者の場合に大気汚染が運動のメリットを帳消しにしかねないことが分かった。この研究は60歳以上の健康な人、安定期にある慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者と心臓病患者の計119人を対象に実施。

被験者は2つのグループに分かれ、一方はロンドン市内の静かな公園を、もう一方は交通量の多いオックスフォード通りを2時間ウオーキングした。

その結果、公園組は1時間以内に肺活量が向上し、血流が増加、血圧は低下した。効果が24時間以上持続したケースもみられた。動脈壁硬化についても、健康な人とCOPD患者で約24%、心臓病患者では20%近く減少した。

一方、オックスフォード通り組では、散歩による動脈壁硬化の改善率は健康な人で4.6%、COPD患者で16%、心臓病患者で8.6%にとどまった。

気掛かりな結果だ。14年時点で世界の総人口の92%がWHOの空気質ガイドラインの基準に満たない環境で生活していた。霧の都ロンドンだけでなく、人類全体の未来にもスモッグが重く垂れ込めているようだ。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

[2018年1月16日号掲載]

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米卸売物価、7月は前月比0.5%低下 基調的インフ

ワールド

ザポロジエ原発に再度砲撃、ロ・ウクライナ双方が相手

ワールド

ロ、軍拠点や民間インフラへの空爆を倍増=ウクライナ

ビジネス

マクドナルド、数カ月以内にウクライナで店舗再開へ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 6

    他の動物のミルクを飲むヒトの特殊性と、大人が牛乳…

  • 7

    25本の指を使って毛布をこねこねする猫

  • 8

    韓国、観測史上最大の約450ミリの集中豪雨 半地下に…

  • 9

    アートとNFTめぐるダミアン・ハーストの実験 4800人…

  • 10

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 9

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 10

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月