最新記事

環境

ロンドンの汚れた霧が弱者をむしばむ

2018年1月15日(月)12時00分
シドニー・ペレイラ

ロンドン名物の霧が胎児や高齢者の健康を脅かしているとの研究報告が Dan Kitwood/GETTY IMAGES

<排ガスなどによるロンドンの大気汚染が胎児と高齢者を直撃する>

大気汚染は健康に悪いという報告が相次いでいる。最近も新たに2つの研究により、車の排ガスなどによる大気汚染が最も弱い立場の人々の健康に悪影響を及ぼしている実態が明らかになった。胎児と高齢者だ。

ロンドン大学インペリアル・カレッジの統計疫学者レイチェル・スミスらは、女性が妊娠中に汚染された空気を吸うと低体重児が生まれるリスクが高まることを突き止めた。

スミスらは大ロンドン圏の出生登録データから06~10年に生まれた子供約54万人を抽出。排ガスなどに含まれる二酸化窒素(NO2)、窒素酸化物(NOx)、有害な微小粒子状物質PM2.5といった汚染物質の平均量と妊婦の居住地のデータを付き合わせた。その結果、母体が大気汚染物質にさらされた場合、出生時低体重は2~6%、胎児発育不全は1~3%増加していた。

スミスによれば、この結果は「ロンドンの道路交通による大気汚染が胎児の発育に悪影響を及ぼしている可能性を示唆している」。PM2.5による大気汚染を10%減らせば、低体重児の出生数を3%減らせるという。

同じくロンドンで実施された別の研究では、特に高齢者の場合に大気汚染が運動のメリットを帳消しにしかねないことが分かった。この研究は60歳以上の健康な人、安定期にある慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者と心臓病患者の計119人を対象に実施。

被験者は2つのグループに分かれ、一方はロンドン市内の静かな公園を、もう一方は交通量の多いオックスフォード通りを2時間ウオーキングした。

その結果、公園組は1時間以内に肺活量が向上し、血流が増加、血圧は低下した。効果が24時間以上持続したケースもみられた。動脈壁硬化についても、健康な人とCOPD患者で約24%、心臓病患者では20%近く減少した。

一方、オックスフォード通り組では、散歩による動脈壁硬化の改善率は健康な人で4.6%、COPD患者で16%、心臓病患者で8.6%にとどまった。

気掛かりな結果だ。14年時点で世界の総人口の92%がWHOの空気質ガイドラインの基準に満たない環境で生活していた。霧の都ロンドンだけでなく、人類全体の未来にもスモッグが重く垂れ込めているようだ。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

[2018年1月16日号掲載]

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 2

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 3

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に殺到

  • 4

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 7

    人工衛星で「夜空に広告」──ロシア新興企業のプラン…

  • 8

    【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月