最新記事

環境

ロンドンの汚れた霧が弱者をむしばむ

Toxic Air Striking the Weakest

2018年1月15日(月)12時00分
シドニー・ペレイラ

ロンドン名物の霧が胎児や高齢者の健康を脅かしているとの研究報告が Dan Kitwood/GETTY IMAGES

<排ガスなどによるロンドンの大気汚染が胎児と高齢者を直撃する>

大気汚染は健康に悪いという報告が相次いでいる。最近も新たに2つの研究により、車の排ガスなどによる大気汚染が最も弱い立場の人々の健康に悪影響を及ぼしている実態が明らかになった。胎児と高齢者だ。

ロンドン大学インペリアル・カレッジの統計疫学者レイチェル・スミスらは、女性が妊娠中に汚染された空気を吸うと低体重児が生まれるリスクが高まることを突き止めた。

スミスらは大ロンドン圏の出生登録データから06~10年に生まれた子供約54万人を抽出。排ガスなどに含まれる二酸化窒素(NO2)、窒素酸化物(NOx)、有害な微小粒子状物質PM2.5といった汚染物質の平均量と妊婦の居住地のデータを付き合わせた。その結果、母体が大気汚染物質にさらされた場合、出生時低体重は2~6%、胎児発育不全は1~3%増加していた。

スミスによれば、この結果は「ロンドンの道路交通による大気汚染が胎児の発育に悪影響を及ぼしている可能性を示唆している」。PM2.5による大気汚染を10%減らせば、低体重児の出生数を3%減らせるという。

同じくロンドンで実施された別の研究では、特に高齢者の場合に大気汚染が運動のメリットを帳消しにしかねないことが分かった。この研究は60歳以上の健康な人、安定期にある慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者と心臓病患者の計119人を対象に実施。

被験者は2つのグループに分かれ、一方はロンドン市内の静かな公園を、もう一方は交通量の多いオックスフォード通りを2時間ウオーキングした。

その結果、公園組は1時間以内に肺活量が向上し、血流が増加、血圧は低下した。効果が24時間以上持続したケースもみられた。動脈壁硬化についても、健康な人とCOPD患者で約24%、心臓病患者では20%近く減少した。

一方、オックスフォード通り組では、散歩による動脈壁硬化の改善率は健康な人で4.6%、COPD患者で16%、心臓病患者で8.6%にとどまった。

気掛かりな結果だ。14年時点で世界の総人口の92%がWHOの空気質ガイドラインの基準に満たない環境で生活していた。霧の都ロンドンだけでなく、人類全体の未来にもスモッグが重く垂れ込めているようだ。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

[2018年1月16日号掲載]

ニュース速報

ワールド

原油先物は小幅上昇、中国が通商協議で米国に代表団派

ワールド

カンボジア下院選、与党が全議席獲得 野党弾圧で海外

ビジネス

トヨタ、中国で生産能力12万台拡張を計画 販売拡大

ワールド

中国商務次官、通商協議のため8月末に訪米=中国商務

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月