最新記事

セクハラは#MeTooで滅ぶのか

女性に自慰を見せつける男性心理をセックスセラピストに聞く

2017年12月2日(土)10時20分
アンジェリーナ・チャーピン

――なぜ女性を怯えさせることで性的興奮を覚えるのか?

彼らは女性が恐怖を感じ、やめてほしいと懇願するのを好む。そこにはサディズムと冷酷な感情が認められる。女性が弱みを見せるほど、彼らはサディスティックになる。女性が正面から立ち向かっていれば、すぐ引き下がったはずだ。捕食者と獲物の関係とは、そういうものだ。

――鉢植えに射精するのは自滅的な行動に見える。この行為の原因の1つに、捕食者の自己嫌悪と低い自尊心があるのでは?

心理学には「投影性同一視」という概念がある。自分の中の好ましくない感情を他者に重ね合わせることだ。

ワインスティーンは被害者の女性を恥辱まみれに扱った。この女性はワインスティーン本人の自己評価の反映だ。ある意味で彼は、彼女を通して自分自身に「おまえなんか鉢植え程度の価値しかない、ただのゴミだ」と言っている。満たされない思いが、無意識にこのような行動に駆り立てたのだ。

――加害者は行為の後で、恥の意識を感じる?

そのとおり。この種の常習的行為にはまった男性の多くは、「私はセックスと同じぐらい恥の感情に取りつかれていた」と言う。ワインスティーンは女性の前で自慰をするのをやめようとして、できなかったのかもしれない。そんな自分を憎んでいた可能性もある。

――女性に自慰を見せつける男性は、いずれもっと重大な性犯罪に走る可能性が高い?

自慰の見せつけは、エスカレートする可能性が高い性依存症の好例だ。彼らはより強烈な刺激と興奮を求め続けるので、時間の経過とともに以前は越えなかった一線を越えるようになる。

――地下鉄や路上で性器を露出する一般の男性と違い、捕食者が業界の大物である場合、女性との関係はどう変わる?

彼らは自分を法律を超える存在と考え、何かあっても周囲が隠蔽してくれると思っている。被害者についてもこんなふうに考えている。「何も言わないに決まっている。言ったところで誰も信じないからだ。その気になればあの女をつぶせるし、いつでもカネで解決できる」

©2017 The Slate Group

※「セクハラは#MeTooで滅ぶのか」特集号はこちらからお買い求めいただけます。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

米CB消費者信頼感、7月は1年半ぶり高水準

ビジネス

仏ケリング、第2四半期売上高がほぼ倍化 コロナ制限

ワールド

モデルナ、米国外でワクチン供給に遅れ

ワールド

米州や企業によるコロナワクチン接種義務化、拡大の公

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月