最新記事

論文

「女医にかかるほうが長生き」:2017年に影響力高かった論文第3位に日本人学者の研究

2017年12月26日(火)17時00分
高森郁哉

「女医にかかるほうが長生き」という論文が話題に (写真はイメージ)Nikada-iStock

英分析会社のオルトメトリックは、毎年恒例の「今年影響力の高かった論文トップ100」の2017年版を発表した。

第3位には、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)助教授の津川友介氏が、男性医師と女性医師が担当した入院患者の死亡率と再入院率を比較調査した結果をまとめた論文が入っている。

takamori1226a.jpg

オルトメトリック「今年影響力の高かった論文トップ100」のウェブサイト

オルトメトリックが選んだトップ3

オルトメトリックは2017年11月15日までの1年間、論文220万件に対する1850万回の引用を追跡。報道やソーシャルメディアで言及された回数なども加味して、独自の採点で上位100本の論文をランク付けした。

1位に選ばれたのは、カナダ・マックマスター大学の研究者らが5大陸18カ国13万5000人を対象に、脂肪および炭水化物の摂取量と心臓病リスクや死亡リスクの関係を検証した研究。炭水化物の摂取量が多いほど死亡リスクは高まるが、脂肪は摂取量が多いほど死亡リスクは低下するという結果になった。

2位は、ベルギー・ゲント大学の研究者らがフランドル地域の博士課程学生約3700人と対照群約1700人を対象に、精神衛生上の問題を調べた研究。博士課程の学生の多くが精神的ストレスや精神障害(特に鬱)のリスクが高いという結果になった。

3位は前述の通り、UCLA助教授の津川氏らが発表した論文。「女性医師の方が男性医師よりも患者の死亡率、再入院率が低い」という傾向が明らかになった(研究結果の概要は津川氏のブログに掲載されている)。

日本人研究者が関わった他の論文

そのほか、30位には名古屋大学の研究グループが宇宙線の観測を利用し、エジプトにあるクフ王のピラミッドの中心部に未知の巨大空間を発見した研究成果がランクイン。論文は英ネイチャー誌に掲載された(名古屋大学と科学技術振興機構の共同発表)。

また61位には、東京慈恵会医科大学教授の浦島充佳氏らが1万人以上のビッグデータをメタ分析し、「ビタミンDサプリメントを内服することにより、急性気道感染症を予防する」ことを明らかにした論文が選ばれた(浦島氏がフォーブス・ジャパンに寄稿した記事で概説している)。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月