最新記事

香港

アグネス・チョウ独占インタビュー「日本の選挙に興味ある」

2017年11月13日(月)16時49分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

「日本のアイドル、有吉弘行、はじめしゃちょー」が好きだという「香港衆志」(デモシスト)の中心メンバー、周庭(写真提供:周庭)

<香港政治に対する世界の関心が薄れるなかで、中国政府が学生運動リーダーたちに大々的な攻勢を掛けている。現在の状況について、政党「香港衆志」(デモシスト)で日本語広報を担う周庭に話を聞いた>

香港の「雨傘運動」を覚えているだろうか? 2014年秋に起きた、学生を中心とした路上占拠運動だ。

そのスローガンは「本当の選挙が欲しい」。1997年の香港返還当時、中国政府は将来的に香港特別行政区のトップである行政長官選挙で普通選挙を導入すると約束していた。しかし普通の選挙では意に沿わぬ人物が当選する可能性が高い。そこで立候補する時点で親中派しか立候補できないような仕組みを組み入れた上での普通選挙を提案し、若者たちが強く反発したのだった。

世界の注目を集めた大事件から3年が過ぎた。今や香港の政治問題がニュースのトップを飾ることはない。だが注目が薄れた今、中国政府は大々的な攻勢を掛けている。今年8月、雨傘運動の元学生リーダーである黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、羅冠聡(ネイサン・ロー)、周永康(アレックス・チョウ)に実刑判決が下された。

雨傘運動初期の「公民広場」占拠が「違法集会への参加」の罪に問われたのだ。昨年8月の一審判決ではボランティア活動を義務付ける社会奉仕を命じる判決にとどまったが、検察は量刑を不服として上訴。懲役刑に追い込んだ。

中国には「秋後算帳」という言葉がある。元々の意味は「収穫後に清算する」という農業関連の言葉だが、今では「ほとぼりが冷めた頃に報復する」という中国共産党の姿勢を表現する言葉として使われている。国際社会の注目が失われた今、中国共産党は香港に対する弾圧を強めているのではないか。

実情を知るべく、黄之鋒、羅冠聡が所属する政党「香港衆志」(デモシスト)で日本語広報を担う周庭(アグネス・チョウ)に話を聞いた。アニメ『きらりん☆レボリューション』で日本文化にはまったという周は、独学で政党広報を務められるほどの日本語を身に付けている。中国本土で使われる普通話よりも日本語のほうが得意だという。

日本文化について聞くと、「アイドルDD(誰でも大好き)、芸能人では有吉弘行、ユーチューバーでははじめしゃちょーが好きです」「今年のモーニング娘。香港コンサートに行きました! 生歌サイコー」とオタク気質全開だが、香港の現状について質問すると表情を一変させた。

――黄之鋒、羅冠聡、周永康が懲役刑を受けた。意外な判決だったのでは?

判決の前日、別のデモシスト・メンバーも懲役刑の判決を下されました。懲役13カ月という重い罪でいまだに刑務所にいます(黄、羅は10月24日に、周は11月7日に保釈された。1月に上訴審があり、控訴が棄却されると再び収監される)。その判決があったので、ある意味で覚悟はできていました。

――羅は昨秋の選挙で立法会議員に当選したが、今年7月、就任宣誓を誠実に行わなかったとの理由で議員資格が取り消された。資格を取り消された議員は選挙以来計6人に上る。懲役判決と合わせ、香港の法治が大きく揺れているという印象を受けた。

政治的介入というのであれば、懲役刑に関しては上訴したことが最大の問題です。社会奉仕という一審判決が下ったにもかかわらず、量刑が不当だとして上訴したことは大きな驚きでした。政治的な動機がなければあり得ないことだったと思います。

議員資格取り消しに関しては、まず前提として中国の全国人民代表大会が香港特別行政区基本法の解釈権を持っていることが問題です。彼らが解釈を変更すれば、香港の裁判官も受け入れざるを得ない。香港の司法ではなく、香港政府、中国政府の問題です。

(*2016年11月7日、全国人民代表大会常務委員会は香港特別行政区基本法に関する新たな解釈を決議。公職者は就任にあたり、誠実かつ厳然とした態度で決められた文言どおりに宣誓を行うことを義務付け、違反した場合は公職資格を失うと決めた。羅らの宣誓が行われたのは10月だったが、この解釈が根拠となって議員6人が失職した)

【参考記事】「雨傘」を吹き飛ばした中国共産党の計算高さ

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 3

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月