最新記事

香港

アグネス・チョウ独占インタビュー「日本の選挙に興味ある」

2017年11月13日(月)16時49分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

「日本のアイドル、有吉弘行、はじめしゃちょー」が好きだという「香港衆志」(デモシスト)の中心メンバー、周庭(写真提供:周庭)

<香港政治に対する世界の関心が薄れるなかで、中国政府が学生運動リーダーたちに大々的な攻勢を掛けている。現在の状況について、政党「香港衆志」(デモシスト)で日本語広報を担う周庭に話を聞いた>

香港の「雨傘運動」を覚えているだろうか? 2014年秋に起きた、学生を中心とした路上占拠運動だ。

そのスローガンは「本当の選挙が欲しい」。1997年の香港返還当時、中国政府は将来的に香港特別行政区のトップである行政長官選挙で普通選挙を導入すると約束していた。しかし普通の選挙では意に沿わぬ人物が当選する可能性が高い。そこで立候補する時点で親中派しか立候補できないような仕組みを組み入れた上での普通選挙を提案し、若者たちが強く反発したのだった。

世界の注目を集めた大事件から3年が過ぎた。今や香港の政治問題がニュースのトップを飾ることはない。だが注目が薄れた今、中国政府は大々的な攻勢を掛けている。今年8月、雨傘運動の元学生リーダーである黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、羅冠聡(ネイサン・ロー)、周永康(アレックス・チョウ)に実刑判決が下された。

雨傘運動初期の「公民広場」占拠が「違法集会への参加」の罪に問われたのだ。昨年8月の一審判決ではボランティア活動を義務付ける社会奉仕を命じる判決にとどまったが、検察は量刑を不服として上訴。懲役刑に追い込んだ。

中国には「秋後算帳」という言葉がある。元々の意味は「収穫後に清算する」という農業関連の言葉だが、今では「ほとぼりが冷めた頃に報復する」という中国共産党の姿勢を表現する言葉として使われている。国際社会の注目が失われた今、中国共産党は香港に対する弾圧を強めているのではないか。

実情を知るべく、黄之鋒、羅冠聡が所属する政党「香港衆志」(デモシスト)で日本語広報を担う周庭(アグネス・チョウ)に話を聞いた。アニメ『きらりん☆レボリューション』で日本文化にはまったという周は、独学で政党広報を務められるほどの日本語を身に付けている。中国本土で使われる普通話よりも日本語のほうが得意だという。

日本文化について聞くと、「アイドルDD(誰でも大好き)、芸能人では有吉弘行、ユーチューバーでははじめしゃちょーが好きです」「今年のモーニング娘。香港コンサートに行きました! 生歌サイコー」とオタク気質全開だが、香港の現状について質問すると表情を一変させた。

――黄之鋒、羅冠聡、周永康が懲役刑を受けた。意外な判決だったのでは?

判決の前日、別のデモシスト・メンバーも懲役刑の判決を下されました。懲役13カ月という重い罪でいまだに刑務所にいます(黄、羅は10月24日に、周は11月7日に保釈された。1月に上訴審があり、控訴が棄却されると再び収監される)。その判決があったので、ある意味で覚悟はできていました。

――羅は昨秋の選挙で立法会議員に当選したが、今年7月、就任宣誓を誠実に行わなかったとの理由で議員資格が取り消された。資格を取り消された議員は選挙以来計6人に上る。懲役判決と合わせ、香港の法治が大きく揺れているという印象を受けた。

政治的介入というのであれば、懲役刑に関しては上訴したことが最大の問題です。社会奉仕という一審判決が下ったにもかかわらず、量刑が不当だとして上訴したことは大きな驚きでした。政治的な動機がなければあり得ないことだったと思います。

議員資格取り消しに関しては、まず前提として中国の全国人民代表大会が香港特別行政区基本法の解釈権を持っていることが問題です。彼らが解釈を変更すれば、香港の裁判官も受け入れざるを得ない。香港の司法ではなく、香港政府、中国政府の問題です。

(*2016年11月7日、全国人民代表大会常務委員会は香港特別行政区基本法に関する新たな解釈を決議。公職者は就任にあたり、誠実かつ厳然とした態度で決められた文言どおりに宣誓を行うことを義務付け、違反した場合は公職資格を失うと決めた。羅らの宣誓が行われたのは10月だったが、この解釈が根拠となって議員6人が失職した)

【参考記事】「雨傘」を吹き飛ばした中国共産党の計算高さ

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

FRB、尚早な利下げに懸念 不確実性強調=議事要旨

ビジネス

FRB、6月利下げ開始との観測変わらず FOMC議

ビジネス

世界の債務総額、23年は313兆ドルと過去最高=I

ワールド

ロシア、国内弾薬生産不十分 ウクライナ制圧との目標
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 3

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 6

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 7

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 8

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 9

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 10

    日独GDP逆転の真相

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中