最新記事

香港

「雨傘」を吹き飛ばした中国共産党の計算高さ

2017年8月25日(金)15時30分
高口康太(ジャーナリスト)

有罪判決を受け収監された民主化リーダーの(左から)黄之鋒、羅冠聡、周永康 Bobby Yip-REUTERS

<民主化運動リーダー3人に下された思わぬ実刑判決と、香港社会に広がる政治的無関心の関係>

香港で学生と市民による路上占拠運動「雨傘運動」が始まったのは14年9月。約3年がたち、「雨傘」は北京から吹く強風で吹き飛ばされようとしている。

香港高等法院(高裁)は8月17日、雨傘運動の元学生リーダーである黄之鋒(ホアン・チーフォン)(20)、周永康(チョウ・ヨンカン)(27)、羅冠聡(ルオ・コアンツォン)(24)に禁錮6~8カ月の実刑判決を下した。3人はその日のうちに収監された。

裁判で問われていたのは、香港政府庁舎前にある「公民広場」占拠の違法性。昨年8月の一審判決は執行猶予付き禁錮刑や社会奉仕にとどまったが、二審はそれを覆して実刑を科した。

罪状は「違法集会への参加」などだが、香港メディア「立場新聞」によると、過去にこの罪で禁錮刑が適用されたのは、マフィアがらみの暴力的な事件しかない。公民広場の占拠は平和的な座り込みだったが、検察は彼らが掲げた「重奪公民広場(公民広場を奪還せよ)」のスローガンを持ち出し、「奪」という字を使った以上は暴力を前提にしていると主張。量刑引き上げを要求した。

【参考記事】中国に政治改革が必要とされる時

香港の法律では3カ月以上の禁錮刑を受けた場合、5年間にわたり被選挙権が停止される。中心的な3人が20年の立法会(議会)選挙に立候補できなくなったことで、「香港人による自決」を求める若者たちの運動は岐路に立たされた。

なぜ、こじつけにしか思えない判決が下ったのか。中国共産党の圧力には違いないが、それだけではない。12年の愛国教育反対運動で、黄らは香港政府にその義務化を撤回させることに成功している。強い民意があれば中国政府も無視できない。

今回の判決の背景にあるのは、香港市民による抵抗運動の衰退だ。一大政治運動だった雨傘運動以降、反動で香港市民の政治的関心は低下している。それを裏付けるのが、毎年7月1日の香港返還記念日に開催される「七一デモ」の参加者数だ。雨傘運動直前は主催者発表で51万人に達したが翌年から減り始め、今年は6万人にまで減少した。

ニュース速報

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放認めず リラ4%安

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元戦闘員と悪夢の再会

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    親子喧嘩の平均回数は年間2148回! 口論の原因と親…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月