最新記事

香港

「雨傘」を吹き飛ばした中国共産党の計算高さ

2017年8月25日(金)15時30分
高口康太(ジャーナリスト)

有罪判決を受け収監された民主化リーダーの(左から)黄之鋒、羅冠聡、周永康 Bobby Yip-REUTERS

<民主化運動リーダー3人に下された思わぬ実刑判決と、香港社会に広がる政治的無関心の関係>

香港で学生と市民による路上占拠運動「雨傘運動」が始まったのは14年9月。約3年がたち、「雨傘」は北京から吹く強風で吹き飛ばされようとしている。

香港高等法院(高裁)は8月17日、雨傘運動の元学生リーダーである黄之鋒(ホアン・チーフォン)(20)、周永康(チョウ・ヨンカン)(27)、羅冠聡(ルオ・コアンツォン)(24)に禁錮6~8カ月の実刑判決を下した。3人はその日のうちに収監された。

裁判で問われていたのは、香港政府庁舎前にある「公民広場」占拠の違法性。昨年8月の一審判決は執行猶予付き禁錮刑や社会奉仕にとどまったが、二審はそれを覆して実刑を科した。

罪状は「違法集会への参加」などだが、香港メディア「立場新聞」によると、過去にこの罪で禁錮刑が適用されたのは、マフィアがらみの暴力的な事件しかない。公民広場の占拠は平和的な座り込みだったが、検察は彼らが掲げた「重奪公民広場(公民広場を奪還せよ)」のスローガンを持ち出し、「奪」という字を使った以上は暴力を前提にしていると主張。量刑引き上げを要求した。

【参考記事】中国に政治改革が必要とされる時

香港の法律では3カ月以上の禁錮刑を受けた場合、5年間にわたり被選挙権が停止される。中心的な3人が20年の立法会(議会)選挙に立候補できなくなったことで、「香港人による自決」を求める若者たちの運動は岐路に立たされた。

なぜ、こじつけにしか思えない判決が下ったのか。中国共産党の圧力には違いないが、それだけではない。12年の愛国教育反対運動で、黄らは香港政府にその義務化を撤回させることに成功している。強い民意があれば中国政府も無視できない。

今回の判決の背景にあるのは、香港市民による抵抗運動の衰退だ。一大政治運動だった雨傘運動以降、反動で香港市民の政治的関心は低下している。それを裏付けるのが、毎年7月1日の香港返還記念日に開催される「七一デモ」の参加者数だ。雨傘運動直前は主催者発表で51万人に達したが翌年から減り始め、今年は6万人にまで減少した。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 3

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    インドネシア大統領選、敗北認めぬ候補支持者が大規模…

  • 8

    ボストン・ダイナミクスの四足歩行ロボット、10台で…

  • 9

    米朝対話で狭まる北朝鮮の選択肢

  • 10

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月