最新記事

中国民主化

中国に政治改革が必要とされる時

2017年8月23日(水)16時40分
高口康太(ジャーナリスト)

89年の天安門事件の熱気は去ったが David Turnley-Corbis-VCG/GETTY IMAGES

<自由を求める声は先細り途絶えた。しかし新たな変革の動きはまだ見えない>

ノーベル平和賞受賞者で反体制活動家の劉暁波(リウ・シアオポー)の死は、80年代以降わずかながら残されてきた中国政治改革の希望がついえたことを象徴している。

「改革開放の総設計師」と呼ばれる鄧小平(トン・シアオピン)は80年代、政治改革の必要性に言及した。ただしその改革は広い支持を集めながら、89年の天安門事件という悲劇的な結末を迎える。以後、中国共産党は「和平演変(平和的体制転換)」を恐れ、改革論議の封じ込めに転じた。

それでも政治改革を求める人々は消えなかった。劉はその代表的人物だ。天安門事件により投獄されたが、釈放後もネットの執筆活動を通じて訴えを続けた。

彼はネット時代の記念碑的事件である「08憲章」の起草者にもなったが、内容以上に注目すべきは1万人以上の賛同者がネットで署名したという事実だろう。危険を承知で声を上げたことを考えれば、決して少ない数ではない。

08憲章発表直前に劉は拘束されるが、政治改革を求める声はむしろ強まった感すらあった。ノーベル平和賞受賞時には中国紙・南方都市報が空席の椅子の写真を掲載。暗喩の形で受賞を祝福した。写真掲載は記者の先走りではなく、劉を支持するムードが社会に一定程度存在する故にできたことだった。

授賞式直後、私は中国のコラムニスト安替(アンティ)と会ったが、彼が「これで中国は変わる」と狂喜していたことをよく覚えている。当時の中国ではネット世論が巨大化。ネットユーザーに批判された政府が謝罪し、告発された汚職官僚が解任されるなどの事例が相次いでいた。劉の受賞と合わせ、変化を感じていた人は少なくなかった。

【参考記事】劉暁波の苦難は自業自得? 反体制派が冷笑を浴びる国

英雄の死と民主化運動の断絶

ところがこの期待は12年の習近平(シー・チンピン)政権誕生によって打ち砕かれる。ネットのオピニオンリーダーや人権派弁護士や活動家ら200人余りが拘束され、従来よりもネットの思想統制とプロパガンダが強化されるようになった。

その事例の1つが13年の『較量無声(静かな戦い)』という映画だ。

人民解放軍などが共同制作した士官教育用映画で一般公開されていないが、動画が流出し存在が明らかになった。アメリカは民主主義や文化、NGOなどソフトパワーを駆使して中国の体制転覆を狙っていると警告する内容だ。アメリカの攻撃を防ぐべく、中国は静かな戦いを繰り広げていると主張。劉が08憲章発表前に香港メディアと接触していたとも指摘し、米国のスパイだったと批判している。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 8

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 9

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月