最新記事

子育て

イクメン夫を見分ける6つの条件

Searching for an Equal Co-Parent

2017年11月21日(火)18時40分
ジル・ヤボルスキ(ノースカロライナ大学シャーロット校助教)

一昔前の世代に比べれば父親も家事や育児を分担するようになったが、まだ母親の負担が圧倒的に大きい Simon Ritzmann-The Image Bank/GETTY IMAGES

<フルタイムで共働きでも家事・育児は妻に任せきり――未来の夫選びで失敗しないためのポイントとは>

自分と同じように古い映画が好きでハイキングが趣味の男性を、スマホのデートアプリを使って探す――。人生のパートナー探しという意味ではそれもいいだろう。でも、良きパパにもなりそうな男性を探したいなら、「洗濯物の半分を畳んでくれるかどうか」という視点が重要になるはずだ。

アメリカでは、家事と育児の大部分が相変わらず女性の役目だ(女性の同性カップルのほうがもっと公平に分担している)。フルタイムの共働き世帯で、家の補修や芝刈りなどの仕事まで家事に含めた場合でも、だ。

最近の父親たちはその父親や祖父の世代に比べれば、育児や家事に参加する。それでも十分と言うにはまだまだ程遠い。

筆者は15年、当時勤務していたオハイオ州立大学で、フルタイムの共働きカップル182組を対象に調査を実施。その結果、結婚当初は平等だった家事分担が、子供が生まれた後に変化していた。

1週間に家事をする時間は男性が5時間減少し(女性は変わらず)、育児をする時間は男性が14時間に対して女性は22時間だった。この結果と一致するように、全米調査報告の推計でも妻は夫に比べて育児に約2倍、家事に1.9倍の時間を費やしている。

では、家事をより公平に分担してくれるイクメン男性を選ぶには、どこに注目すればいいのだろう。男女の家事分担についての数十年来の研究成果に基づき、男性のイクメン度を見極めるための6つのポイントを紹介しよう。

1. 教育水準が高い

高学歴(大卒以上)の男性のほうが、長時間働いているにもかかわらず子育てを妻と平等に分担する傾向がある。

理由の1つは、高学歴の男性ほど早めに仕事を切り上げて子供を迎えに行くなど融通の利く働き方ができるから。また、中流や中流の上の男性のほうが子供の教育を優先しなければという意識が強く、子供の興味や才能を引き出すために時間をかけることに意欲的でもある。

2. 役割分担についてどう考えているか

男女の役割分担についての男性の考えが、実際の家事分担の公平さを大きく左右する。例えば、夫が育児をもっぱら母親の役目だと考えている場合、妻は働く機会が減り、働いても勤務時間が短くなる。逆に、妻の側が家事分担は平等にすべきだと考えていても、夫の家事や育児への貢献度にはあまり影響しない。

実際、ほとんどの男性は進歩的な考えを持ち、家事を公平に分担すべきだと考えている。私たちが15年に実施した調査では、最も高学歴の男性グループは子供が生まれたら育児を公平に分担するつもりだと答えた。

興味深いのは、家事と育児の公平な分担を大いに重視すると答えた男性がこぞって、実際以上に貢献している気になっていた点だ。例えば、1日に家事と育児に費やす時間は自己申告では合計約4時間15分だったが、実際の記録では約1時間45分だった。自分の貢献度を過大評価する傾向は女性にも見られたが、男性ほどではなかった。

ニュース速報

ビジネス

焦点:英国にようやく自動化の波、ブレグジットで人材

ビジネス

焦点:イタリア債務問題、ユーロ圏に伝播しない理由

ワールド

サウジが不明記者の死亡認める 高官2人解任 米大統

ワールド

焦点:貿易戦争が招いたブラジル農業ブーム、米アイオ

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

  • 4

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 5

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月