最新記事

日本

【調査報道】日本外交、3000億ドルのシリア復興特需に屈す

2017年9月21日(木)17時35分
深田政彦(本誌編集部)

首都ダマスカスの国際見本市は国を挙げての大イベント(8月) Omar Sanadiki-REUTERS

<アサド政権の勝機を見越して、インフラ再建の商機が高まるシリア。市場をにらむ日本企業、期待を膨らませる永田町、忖度する霞が関――取材で見えてきたのは、復興特需に翻弄される価値観なき日本外交の姿だった。ニューズウィーク日本版「対中国の『切り札』 インドの虚像」特集号(2017年9月26日号)掲載>

シリア内戦が始まって6年半。ロシアやイランの軍事介入でバシャル・アサド大統領が勢力を回復し、停戦の主導権を握りつつある。

停戦機運が高まるにつれて、ビジネスでは復興特需の争奪戦が始まっている。アサドが支配するシリア南部や西部には、紛争を逃れたビジネスマンやカネ、工場が集結。こうして活発化する経済を支えるべく、インフラ整備が急速に進んでいる。

内戦で壊滅したインフラを再建するには外資が欠かせない。現状では親アサドのロシアとイラン、中国がリードし、インドとブラジルがその後をうかがっている。だがそうした国だけでは、3000億ドル以上といわれる巨額の復興特需を資金的にも技術的にも賄い切れない。

その点で頼れるはずの欧米や湾岸諸国はアサドの退陣を要求しており、おいそれと参入できない。そんななか、アサド政権がそうした国際包囲網のほつれを見つけるかのように期待を寄せるのは──日本だ。

11年3月、平和的な反政府デモを武力で弾圧したアサド政権に対し、欧米は厳しかった。日本も同年8月に「一般市民に対する武力行使」を非難し、アサド退陣を要求。12年5月には駐日シリア大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として国外退去とした。安倍政権になってからも、首相自らアサドの退陣を訴えてきた。

長年にわたるアサド政権の残虐さをみれば非難は当然だ。市民を無差別空爆や化学兵器で攻撃し、都市封鎖で飢餓に追いやり、拉致や拷問もためらわない。死者は40万人を突破。国外に脱出した難民は516万人、国内避難民も630万人に達した。

その泥沼の中でロシアやイランの軍事援助を得たアサド政権は息を吹き返し、攻勢をいっそう強めている。最近の停戦機運はこうした容赦なさがもたらしたものだ。アサドの拠点である首都ダマスカスからは力強い復興のつち音が響き始めた。いつの間にか日本も、停戦を待たずに、ODAによる巨額のインフラ復興に着手している。

ダマスカスの日本人商人

シリア市場をにらむ日本企業、期待を膨らませる永田町、忖度する霞が関──取材で見えてきたのは、復興特需に翻弄される価値観なき日本外交の姿だ。

8月中旬、ダマスカスで国際見本市が開かれた。古来この地は北アフリカからペルシャ湾岸に至るネットワークを持つシリア商人が集い、貿易の中心地として発展した。国際見本市も半世紀以上の歴史を持つ大イベントだが、内戦によって長らく中止に追い込まれていた。

再開された見本市は、シリア当局が「勝利宣言の入り口」と宣言するように、世界に向けた強力なアピールだ。

ニュース速報

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

ビジネス

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国軍支援があぶり出した「平和国家」の血の匂い

  • 4

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 10

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月