最新記事

中国政治

中国共産党のキングメーカー、貴州コネクションに注目せよ

2017年7月27日(木)11時30分
トリスタン・ケンダーダイン(大連海事大学行政学講師)

貴州の州都・貴陽はビッグデータの中心地として経済発展を遂げつつある VCG/GETTY IMAGES

<重慶トップをめぐる最新人事が浮き彫りにした、内陸の貧困省・貴州の計り知れない存在意義>

中国政府は7月15日、孫政才(スン・チョンツァイ)重慶市共産党委員会書記(53)の罷免を発表した。中国南西部における国家工業政策と権力の中心、重慶のトップの座には代わって陳敏爾(チェン・ミンアル)が据えられた。孫は、党指導部に位置付けられる政治局員の地位からも追われる可能性が高い。

胡錦濤(フー・チンタオ)前国家主席に近かった孫は、胡春華(フー・チュンホア)広東省党委書記と並ぶ若手の政治局員だ。習近平(シー・チンピン)が国家主席に就任した当初は胡春華と共に、中国共産党の最高意思決定機関である政治局常務委員会メンバーへの昇格がほぼ確実視され、次の国家主席候補の1人と目されていた。

習が権力基盤の強化へ動くなか、今や党中枢は自らの意にかなう後継者候補の育成に動いている。とはいえ孫から陳への交代劇は、単なる政治的駆け引きの表れではない。そこには制度的・地域的な権力の構図が反映されている。

今回の人事で、陳は今秋に予定される第19回党大会で政治局員に選ばれることが確実になった。一足飛びに常務委員にはなれないとしても、22年の第20回党大会で昇進する可能性は高い。それも序列1位に駆け上ることになるかもしれない。

陳は重慶トップに抜擢される前、貴州省党委書記だった。重慶に近い貴州は貧困が巣くい、村落レベルで開発が行き詰まる内陸の地。行政の枠組みから取り残されているに等しい地域だ。

【参考記事】孫政才失脚と習近平政権の構造

貴州赴任で能力をテスト

国内の他地域では、都市化によって貧しい村が豊かな工業地帯に変貌しているが、ここではそんな動きは当然のように失敗してきた。だがその貴州は、中国共産党にとってキングメーカー的位置を占めている。

貴州は鉱物資源や水資源が豊富だ。沿海部の経済成長と切り離されつつも資源供給源としてその成長を支え、今世紀に入って中国が急成長を遂げる間、水力発電や従来産業を頼みに生き延びてきた。その一方で省内では、政府のインフラ整備の残骸となった橋や道路が目に付く。

だが、貴州は進歩的な政策の舞台でもある。中央から遠い同省で失敗しても大した影響はないため、中央政府にとっては格好の「政策実験場」なのだ。

同時に、貴州は長らく有望な人材の試験場としても機能してきた。貴州への赴任という回り道は、北京で出世を遂げる上での定番コースといっていい。

貴州省党委書記を経験した有力者は数多い。最も有名なのは胡錦濤だ。85~88年までその職を務め、最終的に国家主席まで上り詰めた。

習の側近、栗戦書(リー・チャンシュー)党中央弁公庁主任も貴州の元トップだ。秋の党大会で政治局常務委員会入りする可能性のある栗が、貴州省党委書記の座にあったのは10~12年。その後、目覚ましい昇進ぶりを見せた。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月