最新記事

ロシア

米国務省の人身売買リポートで浮上した「ロシアのアトランティス」

2017年7月12日(水)16時53分
トム・オコーナー

ロシア版アトランティスを舞台にしたリムスキー=コルサコフのオペラ Alexander Demianchuk-REUTERS

<毎年恒例の米人身売買リポートが槍玉に挙げたロシアの施設は数百年前に水没していた>

米国務省は「人身売買に関する報告書」で、人身売買の被害者やホームレスを保護する施設の支援をロシア政府がないがしろにしていると非難した。しかし、例として挙げられたロシアの施設の1つは、伝説でははるか昔から湖の底に沈んだ町にあることがわかった。

この報告書は、国務省が毎年刊行している。2017年版の発表にあたる6月27日には、レックス・ティラーソン国務長官やドナルド・トランプ大統領の長女で大統領補佐官を務めるイバンカ・トランプが出席する式典も開かれた。

444ページにわたる報告書には、各国の人身売買に関する状況について国務省の調査結果が詳細に記されている。なかでもロシアは、最も人身売買の状況が悪い国に分類されており、ロシア政府は人身売買の被害者を適切に保護していないとする。報告書の中で米国務省は、ロシア政府による対策の不備についてさまざまな具体例を挙げているが、その1つとして、キーテジという街にある、ロシア正教会が運営するホームレス保護施設に言及する。

報告書には以下のような文面がある。「ロシア正教会によって運営されているキーテジのホームレス保護施設は、人身売買被害者の受け入れを開始し、食事や寝泊まりする場所を提供しているものの、医療や心のケアは行っていない」

「ロシア政府はこの保護施設に経済的な援助を行っていない」と、国務省の報告は続けている。

トゥームレイダーの舞台にも

だが、キーテジは、ロシアの民間伝承の中にのみ存在する街。モククワ・タイムズ紙によると、「ロシア版アトランティス」とも形容されるこの街は、13世紀にとあるロシアの王子によって建造されたが、モンゴル帝国の侵攻によって存立の危機に直面したという。迫り来る敵に屈するよりはと、キーテジの住民たちは近くにあるスベトルイ・ヤール湖にこの街を沈めたと、伝説は伝えている。この湖は、ロシア中部に実在する。

この伝説を裏付け、実際に街が存在していたと立証するような考古学上の証拠はいまだ見つかっていないが、この幻の街は、国民音楽を含む文化の世界で数多くの作品に登場している。なかでも最も有名なのは、著名なロシア人作曲家、ニコライ・リムスキー=コルサコフ作で1907年に初演されたオペラ「見えざる町キーテジと聖女フェブローニャの物語」だろう。

キーテジの伝説は西側の作品でも取り上げられてきた。例えば、ドイツ人映画監督、ベルナー・ヘルツォークが1993年に発表したドキュメンタリー映画『地底からの鐘の音:ロシアにおける信仰と迷信』や、スクウェア・エニックスのアクション・アドベンチャーゲーム「ライズ・オブ・ザ・トゥームレイダー」などがある。

「米国務省のリポートは、ロシア当局がキーテジの保護施設への支援を怠ったとしたが、キーテジは数百年前に水没したとされる伝説の町

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月