最新記事

ロシア

米国務省の人身売買リポートで浮上した「ロシアのアトランティス」

2017年7月12日(水)16時53分
トム・オコーナー

ロシア版アトランティスを舞台にしたリムスキー=コルサコフのオペラ Alexander Demianchuk-REUTERS

<毎年恒例の米人身売買リポートが槍玉に挙げたロシアの施設は数百年前に水没していた>

米国務省は「人身売買に関する報告書」で、人身売買の被害者やホームレスを保護する施設の支援をロシア政府がないがしろにしていると非難した。しかし、例として挙げられたロシアの施設の1つは、伝説でははるか昔から湖の底に沈んだ町にあることがわかった。

この報告書は、国務省が毎年刊行している。2017年版の発表にあたる6月27日には、レックス・ティラーソン国務長官やドナルド・トランプ大統領の長女で大統領補佐官を務めるイバンカ・トランプが出席する式典も開かれた。

444ページにわたる報告書には、各国の人身売買に関する状況について国務省の調査結果が詳細に記されている。なかでもロシアは、最も人身売買の状況が悪い国に分類されており、ロシア政府は人身売買の被害者を適切に保護していないとする。報告書の中で米国務省は、ロシア政府による対策の不備についてさまざまな具体例を挙げているが、その1つとして、キーテジという街にある、ロシア正教会が運営するホームレス保護施設に言及する。

報告書には以下のような文面がある。「ロシア正教会によって運営されているキーテジのホームレス保護施設は、人身売買被害者の受け入れを開始し、食事や寝泊まりする場所を提供しているものの、医療や心のケアは行っていない」

「ロシア政府はこの保護施設に経済的な援助を行っていない」と、国務省の報告は続けている。

トゥームレイダーの舞台にも

だが、キーテジは、ロシアの民間伝承の中にのみ存在する街。モククワ・タイムズ紙によると、「ロシア版アトランティス」とも形容されるこの街は、13世紀にとあるロシアの王子によって建造されたが、モンゴル帝国の侵攻によって存立の危機に直面したという。迫り来る敵に屈するよりはと、キーテジの住民たちは近くにあるスベトルイ・ヤール湖にこの街を沈めたと、伝説は伝えている。この湖は、ロシア中部に実在する。

この伝説を裏付け、実際に街が存在していたと立証するような考古学上の証拠はいまだ見つかっていないが、この幻の街は、国民音楽を含む文化の世界で数多くの作品に登場している。なかでも最も有名なのは、著名なロシア人作曲家、ニコライ・リムスキー=コルサコフ作で1907年に初演されたオペラ「見えざる町キーテジと聖女フェブローニャの物語」だろう。

キーテジの伝説は西側の作品でも取り上げられてきた。例えば、ドイツ人映画監督、ベルナー・ヘルツォークが1993年に発表したドキュメンタリー映画『地底からの鐘の音:ロシアにおける信仰と迷信』や、スクウェア・エニックスのアクション・アドベンチャーゲーム「ライズ・オブ・ザ・トゥームレイダー」などがある。

「米国務省のリポートは、ロシア当局がキーテジの保護施設への支援を怠ったとしたが、キーテジは数百年前に水没したとされる伝説の町

ニュース速報

ワールド

英首相代行はラーブ外相、外出禁止見直し延期せず=内

ワールド

安倍首相が緊急事態宣言、5月6日まで外出自粛要請

ワールド

英首相、酸素吸入受ける 人工呼吸器は使用せず

ワールド

豪中銀、政策金利据え置き 「非常に大幅な」経済縮小

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 5

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバング…

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月