最新記事

英王室

ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20年で肉声公開へ

2017年7月31日(月)19時33分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

一方、ヘンリー王子は4月に、母ダイアナの死をきっかけに心の問題を抱えていたと告白して話題になった。幼い頃から兄ウィリアムに比べ、やんちゃで周囲を困らせるようなエピソードの多いヘンリー。ただ、これもわずか12歳で母を失った悲しみが原因だった。4月には、英テレグラフ紙のポッドキャスト番組で、心が「破綻寸前」の状態だったと明かしたばかりだ。

最近では、米Newsweekの独占取材に応え、その胸中を語った。兄に勧められた専門家によるカウンセリング治療を経て、30歳にしてやっと回復したという。自分の経験から、これまでの王族が考えもしなかったメンタルヘルス支援や新たな取り組みに精力的に臨む姿は、亡き母、ダイアナに重なるものがある。

死後20年という歳月を重ねてもなお、人々の心に深く刻まれるダイアナの存在。テープの放映は賛否両論を巻き起こしているが、ダイアナを思う気持ちは多くの人が共感できるものだろう。今一度、その功績に思いを馳せる時期なのかもしれない。

【参考記事】母ダイアナの死と心の傷を乗り越えて ヘンリー王子独占インタビュー(後編)
【参考記事】シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉えた初お辞儀

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

首相発言を信頼・支持する=加計問題愛媛新文書で二階

ワールド

原油先物が上昇、ベネズエラの生産が一段と減少する可

ワールド

首相と加計理事長、愛媛県文書の面会記録確認できず=

ワールド

イランに「史上最強」制裁も、米国が核放棄など12項

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得には…

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 10

    「北の急変は中国の影響」なのか?──トランプ発言を…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月