最新記事

トランプ夫人

D&Gが女性歌手に激怒した理由はメラニア!? 

2017年6月21日(水)19時55分
ジャニス・ウィリアムズ

G7会期中の市内観光の場に登場したメラニア Guglielmo Mangiapane-REUTERS

<メラニアに取り入るドルチェ&ガッバーナをマイリー・サイラスが批判すると、100倍ぐらいの反論と報復が返ってきた>

多くの有名ファッションブランドが、ドナルド・トランプ米大統領の政策を嫌って妻メラニア夫人への衣装提供を拒否するなか、イタリア発祥のドルチェ&ガッバーナ(D&G)はファーストレディーの忠実なサポーターとして寄り添っている。メラニアの着こなしから、両者は恋人のようにお互いに夢中のようにさえ見える。5月にイタリアで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議中、メラニアの洋服で特に目を引いたのは、D&Gの鮮やかなシルクの花モチーフが散りばめられたジャケット(5万1000ドル)だった。

同ブランドのファウンダー兼デザイナー、ステファノ・ガッバーナは今年初めにメラニアへの衣装提供の意思を表明しただけでなく、彼女を「DGウーマン」と呼んでブランドの象徴のように扱っている。

Melania Trump #DGwoman thank you #madeinitaly

stefanogabbanaさん(@stefanogabbana)がシェアした投稿 -

(昨年の大晦日にD&Gのドレスを着用したメラニア)


だが、このメラニアびいきが気に入らない人もいる。歌手のマイリー・サイラスもその一人。6月17日に行われた2018年春夏ミラノ・メンズ・コレクションのD&Gのショーで、弟のブレイソン・サイラスがランウエイデビューを果たしたときのインスタグラムへの投稿で、弟への祝福の言葉の後にこう続けた。

「追伸 D&Gへ 私はあなた方の政治的な立場には反対だけど、若いアーティストに活躍の場を与えていることは支持します」

マイリー・サイラスがD&Gに噛みついた理由は不明だが、メラニアへ衣装を提供したり、同性愛カップルの養子縁組などに批判的な意見を発表していたことなどを英テレグラフ紙が指摘している。2人のデザイナーは、過去のインタビューで「家族と言えるものは、伝統的なものだけ」と述べており、これに激怒した歌手エルトン・ジョンがD&Gの不買運動を呼びかけるまでの騒動になった。

【参考記事】メラニアがファッションリーダーに? サウジアラビアでの華麗な着こなしをチェック
【参考記事】トランプの妻メラニアが大変身、でも勝負服が裏目に

ニュース速報

ワールド

米厚生長官が訪台へ、断交以降で最高レベル 中国は反

ビジネス

新型コロナ、都内で263人の感染確認 愛知は緊急事

ビジネス

アサヒ、今期は38%営業減益に 新型コロナで業務用

ビジネス

中国、金融緩和の強化は不要─人民銀金融政策委員=報

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 3

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 4

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 5

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 6

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トラ…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 10

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月