最新記事

トランプ夫人

D&Gが女性歌手に激怒した理由はメラニア!? 

2017年6月21日(水)19時55分
ジャニス・ウィリアムズ

D&Gがトランプ嫌いの「リベラル」に非難されのは、これが初めてではない。ステファノ・ガッバーナとドミニコ・ドルチェの両デザイナーは、ファッション業界のデザイナーたちのようにリベラルでないために長いこと批判の的になってきた。そして批判には黙っていない。すぐやり返す。マイリー・サイラスの投稿にも、ガッバーナはすぐに反論した。

(ステファノ・ガッバーナはマイリー・サイラスの投稿を引用して反撃)


「僕らはイタリア人で、政治なんて興味はないし、アメリカ政治になんてもっと興味がない!ドレスを作るだけ。SNSに投稿して政治のことを僕らに伝えようとするのは、単なるバカだよ。あなたの投稿やコメントは必要ないので、次からは僕らを無視して」

D&Gは、胸元に大きく「#BOYCOTT DOLCE&GABBANA」のロゴがあしらわれたTシャツ(245ドル)まで作って販売している。

#boycottdolcegabbana online

stefanogabbanaさん(@stefanogabbana)がシェアした投稿 -

(ボイコットTシャツ)


5月のトランプ外遊に同行したメラニアがD&Gの服を多く着ているのに対し、感謝のコメントをガッバーナが投稿したことが、トランプ嫌いの「リベラル」から反感を招いた。これ以降、「#BOYCOTT DOLCE&GABBANA」のハッシュタグが、SNSで多く使用されるようになっていた。ボイコットTシャツはこれを逆手に取ったデザイン。

@flotus #DGWoman #melaniatrump #TaorminaTHANK YOU #madeinitaly

stefanogabbanaさん(@stefanogabbana)がシェアした投稿 -

(メラニアへの感謝のコメントを添えた投稿)


現在のところ、この件に関してマイリー・サイラスは無言を貫いている。だが忘れてはならないのは、一番の被害者であろう弟だ。怒りが収まらないファッション界の重鎮、ステファノ・ガッバーナはマイリー・サイラスへの反論に、「ブレイソンとは二度と仕事しない」と書き残したのだから。

【参考記事】米中ファーストレディのファッション対決、軍配はどちらに
【参考記事】メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

米民主党、トランプ大統領の罷免求める 「国家安全保

ワールド

イラン、自国での飛行記録解析目指す、外国に渡す決定

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    米中貿易戦争の敗者は日本、韓国、台湾である

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月